fc2ブログ

    雑記709(ベスト・ロックヴォーカリスト・・^^;)

    こんばんは

    相変わらず、雨降っています^^;
    気温も低いし・・。
    でも、個人的には過ごしやすい温度です^^;
    夏よりはマシですw

    感想文の準備で、フォリナーをずっと聴いておりましたが^^;
    ルー・グラムのヴォーカルも、凄く良いですね^^
    80年代の洋楽ロックシーンの中で、
    ベスト・ロックヴォーカリストを選べと言われたら、
    間違いなく有力候補の一人です^^

    もちろん、ここに来られている方の中には、
    S氏を推す声の方が、大きいと思います(^^;;
    ただ個人的には、どちらも同じくらい聴き込んで
    おりますので、甲乙付けがたいというところ
    ですね(^^;;
    声の質、歌い方も異なるタイプですので、
    比較して優劣を付けるのは、ムリだと思っております^^;
    ズルイ言い方ですけれど、どちらも良いです(^^;)

    でも、私の中での、ベスト・ロックヴォーカリストは、
    きちんと、決まっています^^
    有力候補のS氏とL氏を、超えている人がいますから(^^;)

    一部のメタル好きの方くらいしか、知らない・・・、
    というより、知られていない人です(^^;)
    タイタン、ライオン、バッドムーンライジングという
    バンドを渡り歩いて、現在は音楽活動はしていない
    という説もあるみたいですけれど・・・(^_^;)
    カル・スワンという英国出身のヴォーカリストです。
    興味のある方は、Kal Swanで動画検索されると
    ほんの少しですが、見れると思いますよ^^;

    声のタイプは、デイヴィット・カヴァーデールに近いですけれど、
    かなり美声のハードロックシンガーです。
    英国っぽい湿り気のある声質で、ざらつきの無い
    ルー・グラム系の声と言っても良いかもしれませんね(^^;;
    ディープ・パープルからお誘いがかかる程の
    実力派で、繊細なつぶやきからパワー全開まで
    コントロール出来る幅の広い表現力と
    楽曲の中に封印されている想いを解放させるかのような
    激しい感情移入の歌唱が特徴です。

    ヴォーカリストですから、歌が上手いのは
    正直、最低条件ですよね(^^;;
    いつの間にか、上手くも無いのにプロの歌手という
    不思議な現象が定着してしまっていますが・・w
    歌を聴いて、上手さに感動するパターンはあります^^;
    でも、カル・スワンの凄さは、そこにプラス、
    解き放たれた想いが、聴き手の感情を揺さぶる
    感じがします(^^;;
    洋楽ですから英語ですよねw
    細かな意味まで脳内で翻訳されているわけでは
    無いのに 、そうしたイメージが伝わって来ます。
    ここまでのロックヴォーカリストは、いませんでした(^^;;
    多分、彼の作るメロディラインも関係しているとは、
    思いますけれど(^^;)

    という事で、実は先ほどまで、ライオンの
    アルバムを聴いていました^^;
    もっと再評価されても良いですよね^^;

    それでは、終わります。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    No title

    私は洋楽のヴォーカリストはS氏(笑)くらいしか知らないので
    語る資格もありませんが
    聴く人の心を動かすのは
    聴く人の気持ちを汲み取ることの出来る人なんですよね。
    これは表現者には共通して求められることだと思います。

    mishaさまへ

    こんばんは^^
    S氏(^^;)は、私の中では一番最初の衝撃でしたから、
    今でも、すごく聴いていますよ^^
    一番のお気に入りのシンガーは、皆それぞれあって
    良いと思いますので、今回、こういう内容にしました^^;
    もしも、カル・スワンの歌にご興味をお持ちでしたら、
    動画サイトで、Lionの「In The Name Of Love」
    を検索されると、音源ならあると思います^^;
    お好みかどうかは、分かりませんが・・・。
    彼にしか、歌えない曲だと思います・・^^;

    konn

    ポテチG♯さま、こんばんは

    いつも、コメントせずに帰ってしまい、申し訳ない…
    とは、全然思ってない者ですwwww(酔ってません)
    ただ「あのとき発言しておけばー!」が多々あり。
    前置きが長い! 圧倒的に R氏を推す者ですw

    いや… なにが言いたいのか分からなくなってきました。
    ポテチG♯さまのコメント欄を使って遊ぶ、という暴挙。
    Kal Swanのヴォーカルを聴くと、切なくなりますね…
    それだけ、訴えかけるパワーが半端ない、と感じさせます。

    ジャンさまへ

    こんばんは^^
    遊びに来て頂くだけでも、うれしいですよ^^
    まぁ、コメントがあれば、もう言うことはないですw
    どこの過去記事でも、問題ありませんので、ガンガン書き込んで下さいね^^

    ジャン様は、R氏推しなのは当然ですよね、
    ブログ名にも掲げられてますので、分かります^^;
    でも、申し訳ないです、まだCD見つけられないので、
    感想文は書けないんです^^;、お待ちください<(__)>

    Kal Swan、ぜひ復活して欲しいですね(^^;;
    「本物」を感じさせる、数少ないロックヴォーカリストです。
    私の中では、別格ですから^^;
    プロフィール

    ポテチG♯

    Author:ポテチG♯
    ご訪問有難うございます。

    音楽(洋楽メインです)に
    ハマって、およそ30数年に
    なる、つまらない男ですw
    長く続いている趣味なので、
    これを、テーマにブログ化
    してみました^^;

    個人的に所有している音源
    (主にCD)で、音楽を
    聴きながら寝落ちする
    習慣が、あります^^; 
    その際の作品への思い、
    感想文を載せている
    ブログです。
    音楽とは無関係の雑記も
    書きます^^;(基本的に、
    文章主体のブログです)
    もちろん音楽好きな方以外の
    ご訪問も大歓迎です^^


    ☆ツイッターで、ブログの
    更新情報を出しています。
    (下記リンク欄から飛べます^^))
    興味をお持ちの方、
    もし差し支えなければ、
    フォローお願いします^^

    コメントや拍手などは、、
    頂ければ嬉しいです^^
    リンクは、ご自由にどうぞ^^
    ただし、このブログ上では、
    こちらから、お願いしている方
    のみ掲載となります。
    注)拍手コメントは、
    表示されない設定です^^;


    つまらないブログですけれど、
    応援して頂けると、続ける気力が
    高まります^^
    どうぞ、よろしくお願いします。

    最新コメント
    初めての方でも、お気軽にどうぞ^^   最新の記事でなくても、問題ありません^^ ただし、迷惑コメントはご遠慮下さい(^^;)
    カテゴリ
    アーティスト名(頭文字)をアルファベット順に分けています。 ご自由に、ご覧下さい。
    A (27)
    B (24)
    C (17)
    D (12)
    E (8)
    F (25)
    G (9)
    H (6)
    I (1)
    J (25)
    K (11)
    L (13)
    M (10)
    N (13)
    O (4)
    P (23)
    Q (3)
    R (10)
    S (27)
    T (20)
    U (6)
    V (2)
    W (11)
    X (1)
    Y (8)
    Z (1)
    他 (4)
    リンク
    おススメのブログです。
    ブロとも申請フォーム
    現在、募集中です。 音楽ブログ以外の方も大歓迎です^^ 注)ブログ交流が困難な方については 御断りする場合もあります。

    この人とブロともになる