fc2ブログ

    Argus (WISHBONE ASH)を聴いて・・^^;

    こんばんは

    今回は、ウイッシュボーン・アッシュの名作「百眼の巨人アーガス」です。
    オリジナルの作品は、1972年発表です。

    1. Time Was
    2. Sometime World
    3. Blowin' Free
    4. The King Will Come
    5. Leaf And Stream
    6. Warrior
    7. Throw Down The Sword

    bonus tracks
    8. Jail Bait
    9. The Pilgrim
    10. Phoenix

    冒頭から、名作という表現を使いましたが、単なる受け売りの言葉ではなく、
    聴いてみた実感としても、間違いではありません^^;
    それほど、内容的に素晴らしいと思える作品ですので、これからその事について、
    延々と語りますw しばらく、お付き合いください^^;

    この「アーガス」(大体、省略して呼ばれています)は、
    ウィッシュボーン・アッシュの3作目のアルバムです。
    私が、彼らの作品に触れたのは、1stアルバムが初めてで、そのアルバムで既に登場していた
    ウイッシュボーン・アッシュ節が、この「アーガス」ではついに最高ランクの水準に達しています。
    もちろん、私はリアルタイム世代ではありません、後追い組ですので(^_^;)

    全体的な感じとしては、フォーク・ロックに少しブルース・ロックが混ざったような音楽で、
    このアルバムでは、ややおとなしい感じのブリティッシュ・ロックという印象です。
    ただし、ライヴでは、70年代ハード・ロック感がする一面も覗かせています。
    音像的には、若い方には、やはり古めかしい印象を覚える方も多いかもしれませんが、
    よく聴き込んでいくと、実に緻密なアレンジが施された、繊細な音楽だという事に
    気付かされると思います。

    私が、このアルバムの思い入れがある理由の一つが、アルバムのアートワークです。
    ギリシャ神話の見張り人「アーガス」をモチーフに、ヒプノシスの手がけたデザインが、
    このアルバムの内容に、見事にハマり込んでいます。
    きっと精悍な戦士だろうと思われる後ろ姿が、一人で小高い丘の上から立ち尽くしている様子が、
    もはや孤高の領域に達したこの作品を象徴しているような感じです。

    それと、やはり音楽そのものの魅力ですね。
    1曲目の[time was]で生ギターの指弾きのよるアルペジオにのせて、清涼感のあるヴォーカルが
    響きます、一転してロック調の展開に変わり・・・というようなドラマ性のある曲から始まります。
    2曲目も、展開が急に変わる曲なのですが、前半部の郷愁を誘うようなメロディは彼ら特有の
    節で、これに惹かれます。
    3曲目はライヴでも、定番になっている曲で、明るめの曲調です。

    そして、ここからが、本領発揮なのですが、4,5,6,7曲の、この流れが完璧です。
    もう、何回聴いた事か分かりません^^;
    聴くたびごとに、やはり感動を覚えます。
    これがウイッシュボーン・アッシュであり、ブリティッシュ・ロックの本質だと思います。
    聴かれた事のない方には、実際伝わりにくいかもしれませんが、この曲順でなければいけません。
    激しさと静寂、そしてラストの「剣を棄てろ」でのエンディング、これが1セットでドラマが完結します。
    そして、その根底にあるのが、トラディショナルなフォーク・ソングです。

    彼ら特有の節回しは、本質的にはトラッドそのものからの影響が大きいので、
    私が、特にこの作品を、好む理由も、このブログを読まれている方には、納得して頂けると思います。
    好みの問題は、あるかもしれませんが、私は間違いなく名盤だと断言したいと思います(^^)

    それでは、終わります。







    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ポテチG♯

    Author:ポテチG♯
    ご訪問有難うございます。

    音楽(洋楽メインです)に
    ハマって、およそ30数年に
    なる、つまらない男ですw
    長く続いている趣味なので、
    これを、テーマにブログ化
    してみました^^;

    個人的に所有している音源
    (主にCD)で、音楽を
    聴きながら寝落ちする
    習慣が、あります^^; 
    その際の作品への思い、
    感想文を載せている
    ブログです。
    音楽とは無関係の雑記も
    書きます^^;(基本的に、
    文章主体のブログです)
    もちろん音楽好きな方以外の
    ご訪問も大歓迎です^^


    ☆ツイッターで、ブログの
    更新情報を出しています。
    (下記リンク欄から飛べます^^))
    興味をお持ちの方、
    もし差し支えなければ、
    フォローお願いします^^

    コメントや拍手などは、、
    頂ければ嬉しいです^^
    リンクは、ご自由にどうぞ^^
    ただし、このブログ上では、
    こちらから、お願いしている方
    のみ掲載となります。
    注)拍手コメントは、
    表示されない設定です^^;


    つまらないブログですけれど、
    応援して頂けると、続ける気力が
    高まります^^
    どうぞ、よろしくお願いします。

    最新コメント
    初めての方でも、お気軽にどうぞ^^   最新の記事でなくても、問題ありません^^ ただし、迷惑コメントはご遠慮下さい(^^;)
    カテゴリ
    アーティスト名(頭文字)をアルファベット順に分けています。 ご自由に、ご覧下さい。
    A (27)
    B (24)
    C (17)
    D (12)
    E (8)
    F (25)
    G (9)
    H (6)
    I (1)
    J (25)
    K (11)
    L (13)
    M (10)
    N (13)
    O (4)
    P (23)
    Q (3)
    R (10)
    S (27)
    T (20)
    U (6)
    V (2)
    W (11)
    X (1)
    Y (8)
    Z (1)
    他 (4)
    リンク
    おススメのブログです。
    ブロとも申請フォーム
    現在、募集中です。 音楽ブログ以外の方も大歓迎です^^ 注)ブログ交流が困難な方については 御断りする場合もあります。

    この人とブロともになる