fc2ブログ

    LIEGE AND LIEF(FAIRPORT CONVENTION)を聴いて・・^^;

    こんばんは
    今回は、前回の作品紹介で触れていた英国のフォーク、ドラッド・ロックを代表する
    作品(実は、候補がたくさんありますので・・)を、独断で2作品のみ書こうと思います。

    今日は、取りあえず、1作品目に
    フェアポート・コンヴェンションの「リージ&リーフ」です。

    この作品での、メンバー構成は、

    サンディ・デニ―(vo)
    アシュリー・ハッチングス(b)
    デイヴ・マタックス(ds)
    サイモン・ニコル(g)
    デイヴ・スウォーブリック(vn,viola)
    リチャード・トンプソン(g)

    曲は
    1.Come All Ye
    2.Reynardine
    3.Matty Groves
    4.Farewell,Farewell
    5.The deserter
    6.Medley(The Lark In The Morning,Rakish Paddy,Foxhunter's Jig,
    Toss The Feathers)
    7.Tam Lin
    8.Crazy Man Michael
    元々のオリジナル盤はこの曲です。
    (最近、デラックス盤等が出て、付属の2枚目が付いていたりしますが・・)

    この作品の前に、多分「トラッドって何?」という方もおられると思いますので、少し簡単に・・
    英単語的には、たぶんtraditionalの省略形ですw
    意味は、伝統の・・とか、古風の・・などの意味ですが、ここでは、伝統的な民謡の事です。

    西洋で、昔から続いてきたの音楽の代表格は、ご存じのとおりクラッシック音楽ですが、
    これは、芸術音楽として王朝や宮廷等で大切にされてきました。
    一方で、対照的に民衆音楽として、広まって歌い継がれてきたものが、この民謡(フォーク)です。

    特に、イギリスは、そうした伝統的なモノと最先端のモノを上手く共存させる事で、
    知られている国です。そして、このアルバムも、この民謡とロックを融合した素晴らしく
    完成度の高い名盤として評価されています。

    さてアルバムに戻します。
    このアルバムは8曲中、5曲がトラディショナルソング(元ネタが民謡)、
    3曲がオリジナルソングです。

    元々の伝統曲をより現代的にアレンジする事で、実は、ヴォーカルの果たすべき役割が、
    非常に大切になるのですが、サンディー・デニ―という、女性ヴォーカリストは、十分過ぎる位
    その才能を発揮しています。伝統的な歌唱法も簡単ではありませんが、彼女の声そのものも、
    素晴らしいです。

    特に、3の「Matty Groves」、7の「Tam Lin」等は、歌うだけでも難易度が高いのですが、
    感情表現が見事です。また、4の「Farewell,Farewell」は、後日書きますが、別のアーティストに
    異名同曲(?)で取り上げられている曲で、正直どちらも良い作品です。

    8の「Crazy Man Michael」は、個人的にとても気に入っている曲で、歌とリズムの取り方が
    良いです。
    あと、「Medley」等のインストナンバーは、楽器の音色自体は少し昔っぽいですが、緻密で
    高度な演奏技術を持った凄腕の集まりだという事が、伝わると思います。

    取りあえず、作品について、まだ、十分ではありませんが、
    長文になりますので、終わります。

    あと、このアルバムは、在庫のしっかりあるお店では、まだ入手可能だと思います。

    では、次回も宜しくお願いします。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ポテチG♯

    Author:ポテチG♯
    ご訪問有難うございます。

    音楽(洋楽メインです)に
    ハマって、およそ30数年に
    なる、つまらない男ですw
    長く続いている趣味なので、
    これを、テーマにブログ化
    してみました^^;

    個人的に所有している音源
    (主にCD)で、音楽を
    聴きながら寝落ちする
    習慣が、あります^^; 
    その際の作品への思い、
    感想文を載せている
    ブログです。
    音楽とは無関係の雑記も
    書きます^^;(基本的に、
    文章主体のブログです)
    もちろん音楽好きな方以外の
    ご訪問も大歓迎です^^


    ☆ツイッターで、ブログの
    更新情報を出しています。
    (下記リンク欄から飛べます^^))
    興味をお持ちの方、
    もし差し支えなければ、
    フォローお願いします^^

    コメントや拍手などは、、
    頂ければ嬉しいです^^
    リンクは、ご自由にどうぞ^^
    ただし、このブログ上では、
    こちらから、お願いしている方
    のみ掲載となります。
    注)拍手コメントは、
    表示されない設定です^^;


    つまらないブログですけれど、
    応援して頂けると、続ける気力が
    高まります^^
    どうぞ、よろしくお願いします。

    最新コメント
    初めての方でも、お気軽にどうぞ^^   最新の記事でなくても、問題ありません^^ ただし、迷惑コメントはご遠慮下さい(^^;)
    カテゴリ
    アーティスト名(頭文字)をアルファベット順に分けています。 ご自由に、ご覧下さい。
    A (27)
    B (24)
    C (17)
    D (12)
    E (8)
    F (25)
    G (9)
    H (6)
    I (1)
    J (25)
    K (11)
    L (13)
    M (10)
    N (13)
    O (4)
    P (23)
    Q (3)
    R (10)
    S (27)
    T (20)
    U (6)
    V (2)
    W (11)
    X (1)
    Y (8)
    Z (1)
    他 (4)
    リンク
    おススメのブログです。
    ブロとも申請フォーム
    現在、募集中です。 音楽ブログ以外の方も大歓迎です^^ 注)ブログ交流が困難な方については 御断りする場合もあります。

    この人とブロともになる