fc2ブログ

    The Piper At The Gate Of Down(PINK FLOYD)を聴いて・・^^;

    こんばんは

    告知していた通り、今回はピンク・フロイドの「夜明けの口笛吹き」です。
    オリジナル盤は、1967年の作品になります。

    1.Astronomy Domine
    2.Lucifer Sam
    3.Matilda mother
    4.Flaming
    5.Pow R. Toc H.
    6.Take Up Thy Stethoscope And Walk
    7.Interstellar Overdrive
    8.The Gnome
    9.Chapter 24
    10.The Scarecrow
    11.Bike

    この作品は、ピンク・フロイドの1stアルバムです。
    一応、かなり昔にアナログ(LP)の輸入盤を入手していましたので、長い付き合いになりますw
    とは言っても、頻繁に聴いていたわけではなく、年に数回聴き流す程度でしたけど・・。
    今は、モノラルとステレオの2バージョンの2枚組のCDで、聴いています。

    そういえば、モノラルのアナログ輸入盤では、一部はプレミア化していて、かなりの高値に
    なっていたようですが、手持ちのは、ステレオ盤ですので、ある意味残念かもしれませんw

    本題に入ります、この作品の最も重要なポイントは、シド・バレットという人物です。
    初期フロイドのリーダーであり、才能のあるミュージシャンでした。
    このアルバム中、6曲目を除いてメイン或いは共作の形で曲作りをしています。
    また、ギター、ヴォーカルも担当していて、この当時バンド内での存在感、影響力は
    かなりのものだったと思われます。

    この作品は、ピンク・フロイドにとっても、またブリティッシュ・ロックにとっても
    重要な作品だと言われています。
    音楽的には、当時の文化色が反映されたもので、サイケデリック・ロックの名盤という
    評価で、個人的にも、四六時中聴く訳ではありませんが、かなり興味のある音作りで、
    面白い音楽です。

    普通なら、代表的な数曲を取り上げて感想を書きますが、このアルバムについては
    全曲該当しますのでw、全体評のみでいきます。

    はるか昔に初めて聴いた時は、不思議な例えようのない音楽だと思っていましたが、
    その後、いろんな音楽を知って曲によっては、元のルーツが推測出来る様には成りましたw
    本当に、ごった煮状態です。ブルースロック、ジャズロック、英国フォーク、ポップソング、
    それらに当時のブームでサイケデリック・サウンドの要素を加味して、感覚的に作り出された
    音楽が、この作品です。

    耳につくのが、ギターサウンド色の強さで理屈よりも、感覚優先な音です。
    極端な話、ギターのちょっとしたノイズが思いもつかない重要な効果音になったり、
    何だか破たんしそうで、してない所があったりで、ギリギリ曲が成立しているような、そんな音楽です。

    話は、シド・バレットに戻りますが、この当時特に、薬物依存者が多くいたようで、彼も例外では
    なかったようです。結果的に、精神にダメージを受けほどなくしてピンク・フロイドから離脱する
    結果になります。

    その後、ピンク・フロイドは大きく音楽の方向を変えて、プログレッシヴ・ロックを代表するような
    巨匠になりますが、この頃の出来事を元に「クレイジー・ダイアモンド」という名曲が生まれたのは
    有名な話です。

    結構、長くなりましたので、終わります。
    それでは、次回もよろしくお願いします。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ポテチG♯

    Author:ポテチG♯
    ご訪問有難うございます。

    音楽(洋楽メインです)に
    ハマって、およそ30数年に
    なる、つまらない男ですw
    長く続いている趣味なので、
    これを、テーマにブログ化
    してみました^^;

    個人的に所有している音源
    (主にCD)で、音楽を
    聴きながら寝落ちする
    習慣が、あります^^; 
    その際の作品への思い、
    感想文を載せている
    ブログです。
    音楽とは無関係の雑記も
    書きます^^;(基本的に、
    文章主体のブログです)
    もちろん音楽好きな方以外の
    ご訪問も大歓迎です^^


    ☆ツイッターで、ブログの
    更新情報を出しています。
    (下記リンク欄から飛べます^^))
    興味をお持ちの方、
    もし差し支えなければ、
    フォローお願いします^^

    コメントや拍手などは、、
    頂ければ嬉しいです^^
    リンクは、ご自由にどうぞ^^
    ただし、このブログ上では、
    こちらから、お願いしている方
    のみ掲載となります。
    注)拍手コメントは、
    表示されない設定です^^;


    つまらないブログですけれど、
    応援して頂けると、続ける気力が
    高まります^^
    どうぞ、よろしくお願いします。

    最新コメント
    初めての方でも、お気軽にどうぞ^^   最新の記事でなくても、問題ありません^^ ただし、迷惑コメントはご遠慮下さい(^^;)
    カテゴリ
    アーティスト名(頭文字)をアルファベット順に分けています。 ご自由に、ご覧下さい。
    A (27)
    B (24)
    C (17)
    D (12)
    E (8)
    F (25)
    G (9)
    H (6)
    I (1)
    J (25)
    K (11)
    L (13)
    M (10)
    N (13)
    O (4)
    P (23)
    Q (3)
    R (10)
    S (27)
    T (20)
    U (6)
    V (2)
    W (11)
    X (1)
    Y (8)
    Z (1)
    他 (4)
    リンク
    おススメのブログです。
    ブロとも申請フォーム
    現在、募集中です。 音楽ブログ以外の方も大歓迎です^^ 注)ブログ交流が困難な方については 御断りする場合もあります。

    この人とブロともになる