fc2ブログ

    Weather Report (Weather Report)を聴いて・・^^;

    こんばんは

    今回は、ウェザー・リポートの
    「ウェザー・リポート’81」です。
    1982年発表のアルバムになります。

    1. Volcano For Hire
    2. Current Affairs
    3. N.Y.C
    Part One:41st Parallel
    Part Two:The Dance
    Part Three:Crazy About Jazz
    4. Dara Factor One
    5. When It Was Now
    6. Speechless
    7. Dara Factor Two

    最初に、ウェザー・リポートについて
    ですけれどσ(^_^;)
    ジャズ・フュージョンを得意とする
    アメリカのバンドです(^^
    バンドの結成は1970年頃ですけれど、
    母体となる活動は、1950年代には
    始まっていましたから、相当にキャリアのある
    音楽集団です。バンドの方は1986年に
    最後のアルバムを出して解散しています。
    その間に十数枚のアルバムを出していて、
    解散後もライブ音源がアルバム化されたり
    していますから、未だに人気が衰えていない
    バンドです。

    長いキャリアを持つバンドですから、
    メンバーの遍歴も激しいですね(^^;
    このアルバムのレコーディングメンバーは
    ジョー・ザヴィヌル(key)
    ウェイン・ショーター(sax)
    ジャコ・パストリアス(b)
    ピーター・アースキン(ds)
    ロバート(ボビー)・トーマス Jr(perc)
    という編成です。

    私自身、このアルバムは、
    かなり好きな作品ですけれど
    全作品を聴いておりませんので
    このアルバムの評価がマニアックな
    ファンの方々と同じだとは思っておりませんσ(^_^;)
    特筆すべき要点として、ジャコ・パストリアスの
    ベースが、すごく素敵で刺激的な作品だという事は、
    認識しています(^^;
    ファンの方々には当たり前のことかも
    しれませんが、メンバー全員本当に演奏レベルが
    高くて、そのセンスも第一級の感性の持ち主だと
    いう事は間違っていないと思います^^

    個人的には、ギターが好きなのでσ(^_^;)
    こうしたギターレスのバンドは本来聴かない事が
    多いですけれど、彼らの音楽は、それさえどうでも良い
    と思えるほど、魅力的ですね^^

    リズム隊の柔軟性、
    歌い上げる表現力のあるベース、
    音楽の空間を構築するキーボード、
    緊張感のあるサックスの音色など
    中途半端なロックバンドでは、
    決して追及出来ない音楽の深い部分を
    このバンドからは、感じる事が出来ます^^
    もちろん、全曲がインストモノですから
    万人に受けが良い音楽ではありません。
    楽器演奏だけの世界ですからσ(^_^;)
    酷く退屈な音楽と思われる場合も
    あると思います。

    さて、内容の方に入ります(^^;
    一曲目は、いきなりアフリカンドラムを思わせる
    タムの連打から始まります。
    比較的明るい曲調で、ラテンなのかファンクなのか
    よく分からない陽気なリズムが特徴の曲です^^;
    テーマのフレーズは比較的シンプルですが、
    ベースのウネリのあるラインは、すごく複雑です。

    二曲目は、物憂げな静かな出だしです。
    メランコリックなサックスの音色と浮遊感のある
    キーボードの流れで曲が進行して行きます。
    ドラム、ベースもタメの効いた緩やかなリズムを
    刻んでいて大人の音楽ですね^^

    三曲目は組曲風の構成です。
    一応三部形式ですσ(^_^;)
    何だか、この曲はプログレッシヴロックっぽい
    雰囲気があって、実はフュージョンとプログレの
    境界線って、かなり曖昧なんじゃないかな?
    という気もしますσ(^_^;)
    パート1は、導入部らしい雰囲気ですが、パート2で
    不安定感を出しています。パート3ではまた変化があって
    ウォーキング・ベースのライン上で各楽器が
    即興演奏っぽい雰囲気で曲を進めて行きます。
    全体的には、ミドルテンポの流れですが、
    リズムチェンジもあって複雑な感じです。

    四曲目は、ハイファットを効かせたリズムで
    始まります。この曲何拍子なのか?よく聴かないと
    分からないんですσ(^_^;)
    全員で合奏しているというよりも、各パートが
    合間合間に顔を出すという感じの曲で、
    不思議な曲です。

    五曲目は、バスドラのシンプルなリズムパターンに
    ベース、サックス、キーボードが絡むという
    これも即興性の高い曲調です。
    裏拍の方が目立ちますけれど、4拍子系ですね(^^;

    六曲目は、エモーショナルな曲です。
    ジャコ・パストリアスの素晴らしいベースが
    聴けるバラードナンバーです。
    この曲で、ベースがリードが取れる楽器だという
    事を再確認出来ます。キーボードのプレイも
    素晴らしいです。名曲です^^

    七曲目は、メンバーの合作と言われている
    気合の入ったナンバーです。
    タメの効いたリズムパターンに、
    各楽器が各々絡んでいくスタイルで、
    アツイ壮絶なバトルを連想させますが
    実際には、かなり抑制されたクールな曲です。

    この作品は、テクニック的には
    かなり高度な音楽のはずですけれど、
    押しつけがましいところは、あまり感じません。
    それよりも、抑制された緊張感があって
    音そのものは洗練されていると思います。
    熱さよりもクールさの方が強いですねσ(^_^;)

    個人的には、すごく聴きやすい作品です。
    こういう季節にはちょうど良いんです(^^;
    さっぱりした音楽ですから・・^^;
    インストモノですけれど、
    おすすめしたい名盤です^^

    それでは、終わります。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ポテチG♯

    Author:ポテチG♯
    ご訪問有難うございます。

    音楽(洋楽メインです)に
    ハマって、およそ30数年に
    なる、つまらない男ですw
    長く続いている趣味なので、
    これを、テーマにブログ化
    してみました^^;

    個人的に所有している音源
    (主にCD)で、音楽を
    聴きながら寝落ちする
    習慣が、あります^^; 
    その際の作品への思い、
    感想文を載せている
    ブログです。
    音楽とは無関係の雑記も
    書きます^^;(基本的に、
    文章主体のブログです)
    もちろん音楽好きな方以外の
    ご訪問も大歓迎です^^


    ☆ツイッターで、ブログの
    更新情報を出しています。
    (下記リンク欄から飛べます^^))
    興味をお持ちの方、
    もし差し支えなければ、
    フォローお願いします^^

    コメントや拍手などは、、
    頂ければ嬉しいです^^
    リンクは、ご自由にどうぞ^^
    ただし、このブログ上では、
    こちらから、お願いしている方
    のみ掲載となります。
    注)拍手コメントは、
    表示されない設定です^^;


    つまらないブログですけれど、
    応援して頂けると、続ける気力が
    高まります^^
    どうぞ、よろしくお願いします。

    最新コメント
    初めての方でも、お気軽にどうぞ^^   最新の記事でなくても、問題ありません^^ ただし、迷惑コメントはご遠慮下さい(^^;)
    カテゴリ
    アーティスト名(頭文字)をアルファベット順に分けています。 ご自由に、ご覧下さい。
    A (27)
    B (24)
    C (17)
    D (12)
    E (8)
    F (25)
    G (9)
    H (6)
    I (1)
    J (25)
    K (11)
    L (13)
    M (10)
    N (13)
    O (4)
    P (23)
    Q (3)
    R (10)
    S (27)
    T (20)
    U (6)
    V (2)
    W (11)
    X (1)
    Y (8)
    Z (1)
    他 (4)
    リンク
    おススメのブログです。
    ブロとも申請フォーム
    現在、募集中です。 音楽ブログ以外の方も大歓迎です^^ 注)ブログ交流が困難な方については 御断りする場合もあります。

    この人とブロともになる