fc2ブログ

    LIVE IN HOUSTON 1981 ESCAPE TOUR (JOURNEY)を聴いて・・^^;

    こんばんは

    今回はジャーニーの「ライヴ・イン・ヒューストン〜
    1981年エスケイプ・ツアー」です。
    2005年に発売されたライヴDVDの付属CDからです。

    1. Intro〜Escape
    2. Line Of Fire
    3. Lights
    4. Stay Awhile
    5. Open Arms
    6. Mother,Father
    7. Jonathan Cain Solo
    8. Who’s Cryin’ Now
    10. Steve Smith Solo
    11. Dead Or Alive
    12. Don’t Stop Believin’
    13. Stone In Love
    14. Keep On Runnin’
    15. Neal Scion Solo
    16. Wheel In The Sky
    17. Login’ ,Touchin’,Squeezin’
    18. Anyway You Want It
    19. The Party’s Over (Hopelessly In Love)

    実際には、公式発表されているアルバム群には
    入りませんが、このライブ音源は貴重です^^
    映像の方も、良かったですけれど、
    このCDが、実は嬉しかったりします(^^

    内容の方は、「エスケイプ」発表後のツアーで、
    ちょうど勢いに乗り始めた頃の充実した時期の
    ライヴ音源ですから、悪いはずがありません・・^^;
    アルバム「エスケイプ」を中心に組まれたセットリストで
    「フロンティアーズ」はまだ発表されていませんからσ(^_^;)
    選曲が若干、昔っぽいところもありますけれど、
    全く問題はありませんね^^

    ジャーニーは元々、ライヴバンドとして
    成功した経緯がありますので、こうした音源が
    聴けるのはファンの1人としては、すごく有難いです。
    このライヴも、全体的にすごくキレが良いし、
    おそらく絶好調に近いコンディションで録音されています。
    「エスケイプ」からのナンバーについても、
    原曲のアレンジが、忠実に再現されているところが多く
    ごまかしたり、省いたりが少ないので、持ち合わせている
    バンドスコアの該当曲が無駄にならなくてσ(^_^;)、
    大変助かっていますw
    ニールのギターもかなり熱いです・・^^;

    でも、なんと言っても一番の魅力は
    スティーブ・ペリーの全盛期の頃のヴォーカルが
    聴けるという事でしょうね^^
    声の伸びや声量についても、危うさのかけらもない
    最高の状態での歌が聴けます。
    こうしたライヴを当時は、ほぼ連日こなしていたと
    思いますが、すごいですね。
    どれだけ、鍛え上げられた声なのか・・(^^;
    見た感じのソフトなイメージとは違って、
    尋常ではない喉の強さですσ(^_^;)

    さて、肝心の感想の方ですねσ(^_^;)
    セットリストからは、かなりロック色のある
    選曲が多いです。当時のアメリカン・ハードロックが
    どういう状況だったのか、うかがい知る事が出来る
    貴重な内容だと思います。
    そうしたハードな曲の合間に絶妙なタイミングで
    メロディアスな楽曲を挟み込んでいて、
    ライヴ全体の構成を考えられていた。
    そういう選曲です。
    特に後半はたたみかけるように、
    ロック然としたナンバーが続いていて
    「エスケイプ」と「フロンティアーズ」が
    実は、異なる音楽性だという事実に、
    改めて気付かされます。

    この時期までは、AC/DCなどの本物の
    ヘヴィ・ロックンロールの凄さを体感して来て
    その影響が作風にも出ていた時期だと思います。
    このライヴは、そういう路線です、
    ギター主体で、リズムのキレもあって
    ジャーニーらしくヘヴィさを追及していると
    思いますσ(^_^;)
    後の「フロンティアーズ」からは、
    音の厚みの方が主張されていて、ギター、
    キーボードで何層にも音を被せて行く
    そういうスタイルに変化していきますから(^^;
    わりとシンプルな素の状態での
    楽曲が聴けますね。
    このスタイルも潔くて、良いです。

    違いがよく出ている楽曲では、
    「Wheel In The sky」とか「Lights」
    などの昔の曲のアレンジが原曲っぽいです^^
    完全に同じではありませんけれどw
    (「Don’t Stop Believin’」なども後のライヴでは
    原曲とはかなりアレンジが、
    変わっていたりしますから、そういうところも
    注意深く聴くと面白いですよ^^;)
    もちろん、「エスケイプ」からのナンバーは
    レコードに近いままです(^^;
    それほど、音の厚みは意識されていないですね(^^;

    このライヴ盤で嬉しかったのは、
    「Mother,Father」の収録です。
    ギターのアレンジがとてもよく分かります。
    譜面上では、多重録音ですから
    1人ならどう弾くのか?すごく参考になります^^
    欲を言えば、「Still They Ride」があれば・・、
    この作品は最高なんですけれどw

    ジョナサン・ケインやたぶん貴重になる
    スティーブ・スミスσ(^_^;)のソロパートが
    あってライヴらしいライヴ盤です。
    とりあえず、本格的にリリースされた
    ライヴアルバムではありませんがσ(^_^;)
    映像化された正式な作品です。
    もちろんブートではありませんw
    (ブートは感想文書けないでしょう?w)
    そういう意味では、しっかりと
    おすすめ出来ますから、是非体験されてください^^;

    今後は、他の正規の映像作品もCD付きで無くても
    感想文書きたいですね・・(^^;

    それでは、終わります。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    No title

    おおっ!伝説の(笑)ヒューストンライヴですね。
    書かれているとおり、この頃はスティーヴ自身も絶好調で
    身体全体が楽器として最もよく鳴っていた時期だと思います。
    ジョナサンが加入して最初のツアーということで
    個人的には「Lovin’ ,Touchin’,Squeezin’」のピアノが
    ジョナサンらしいセンスの良いアレンジになっていると思います。

    こんにちは(^_^)

    ポテチさんのお褒めの言葉を読んでいるだけで私はデレデレしちゃいました(*^^*)
    自分の事みたいに嬉しいです。
    ありがとうございました。
    ペリーも喜びますよ(^^)/

    今日は私には大切な日。
    チェスターの命日なんです。
    一ヶ月前からこの日のために取り組んでいました。

    ジャーニーのヒューストンライブのお話は、また改めて書かせてくださいね!(^^)!
    私も記事にしようと思います。

    mishaさまへ

    こんばんは^^
    ありがとうございます。
    伝説のライヴですw
    以前から気になっておりましたが^^;
    梅雨入り辺りから、ずっと聴き入っておりまして
    この度の感想文となりましたσ(^_^;)
    これほどキレの良いライヴだと
    聴く方も気持ち良いんです^^

    この作品では、ジョナサンのピアノは
    よく聴こえます(^^
    シンセ系よりもピアノアレンジの比重が
    大きいですね。
    「Stone In Love」の後半の
    スティーブのピアノも味があって良いですね^^

    猫のみーこさまへ

    こんばんは^^
    ありがとうございます。
    ヒューストンライヴは、ジャーニーの
    ファンの方には特別ですからね^^
    記事にされるのを楽しみにしています。

    大切な日・・、思い入れのある方なら
    尚更ですね。
    しっかりとつないで行く事も大事です。
    後ほど、お伺いします。
    プロフィール

    ポテチG♯

    Author:ポテチG♯
    ご訪問有難うございます。

    音楽(洋楽メインです)に
    ハマって、およそ30数年に
    なる、つまらない男ですw
    長く続いている趣味なので、
    これを、テーマにブログ化
    してみました^^;

    個人的に所有している音源
    (主にCD)で、音楽を
    聴きながら寝落ちする
    習慣が、あります^^; 
    その際の作品への思い、
    感想文を載せている
    ブログです。
    音楽とは無関係の雑記も
    書きます^^;(基本的に、
    文章主体のブログです)
    もちろん音楽好きな方以外の
    ご訪問も大歓迎です^^


    ☆ツイッターで、ブログの
    更新情報を出しています。
    (下記リンク欄から飛べます^^))
    興味をお持ちの方、
    もし差し支えなければ、
    フォローお願いします^^

    コメントや拍手などは、、
    頂ければ嬉しいです^^
    リンクは、ご自由にどうぞ^^
    ただし、このブログ上では、
    こちらから、お願いしている方
    のみ掲載となります。
    注)拍手コメントは、
    表示されない設定です^^;


    つまらないブログですけれど、
    応援して頂けると、続ける気力が
    高まります^^
    どうぞ、よろしくお願いします。

    最新コメント
    初めての方でも、お気軽にどうぞ^^   最新の記事でなくても、問題ありません^^ ただし、迷惑コメントはご遠慮下さい(^^;)
    カテゴリ
    アーティスト名(頭文字)をアルファベット順に分けています。 ご自由に、ご覧下さい。
    A (27)
    B (24)
    C (17)
    D (12)
    E (8)
    F (25)
    G (9)
    H (6)
    I (1)
    J (25)
    K (11)
    L (13)
    M (10)
    N (13)
    O (4)
    P (23)
    Q (3)
    R (10)
    S (27)
    T (20)
    U (6)
    V (2)
    W (11)
    X (1)
    Y (8)
    Z (1)
    他 (4)
    リンク
    おススメのブログです。
    ブロとも申請フォーム
    現在、募集中です。 音楽ブログ以外の方も大歓迎です^^ 注)ブログ交流が困難な方については 御断りする場合もあります。

    この人とブロともになる