fc2ブログ

    RUMOURS (FLEETWOOD MAC) を聴いて・・^^;

    こんばんは

    ようやく感想文が書けそうです^^;
    今回は、フリートウッドマックの「噂」です。
    1977年の作品になります。

    1. Second Hand News
    2. Dreams
    3. Never Going Back Again
    4. Don’t Stop
    5. Go Your Own Way
    6. Songbird
    7. The Chain
    8. You Make Loving Fun
    9. I Don’t Want To Know
    10. Oh Daddy
    11. Gold Dust Woman

    今回の作品は、かなりの強敵でしたσ(^_^;)
    個人的には、微妙な感じの作品で、
    すごく好きでも嫌いでもありません^^;
    でも、こういう雰囲気は心地良いんです。
    発売当時は、かなり話題になり
    たしかグラミー賞も獲得している
    名盤中の名盤です^^

    この作品を聴くきっかけとしては、
    話題になっていた事は、
    後追いでも分かりますので^^;
    好奇心で買ってみたのが始まりです。
    購入当時は、正直あまりピンと来ないので
    かなりの期間棚の中で眠っていましたσ(^_^;)
    数ヶ月前辺りで、不思議と聴きたくなり
    何度かCDデッキにセットしていました^^;

    全体的に70年代っぽい作風ですから^^;
    すごく目新しい音楽ではありませんσ(^_^;)
    大ヒットアルバムですから、
    曲もいくつかは聴いた覚えがありますし
    今更感もありますけれど^^;
    こうして聴き込んで行くと、買った事を
    全く後悔しない良い作品だと思うんです^^

    フリートウッドマックというバンドは、
    実は掴み所が分からない音楽性が特徴のバンドで、
    初期の頃はイギリスの地味なブルースロックを
    していたようです。
    事実、初期の作品はここの感想文にもありますから、
    気になる方は探してみてくださいねσ(^_^;)
    メンバーチェンジも激しく、アルバム毎に
    音楽性が変わっていくので、ジャンルで括れない
    性質の音楽です。ロックなのかと言われると
    たぶん一応ロックだろうとは、思いますσ(^_^;)

    このアルバムの特徴ですけれど^^;
    中心人物のミック・フリートウッド(dr、per)
    にジョン・マクヴィー(b)、
    クリスティン・マクヴィー(key、syn、Vo)
    リンジー・バッキンガム(g、Vo)、
    スティーヴィー・ニックス(Vo)
    の5人のメンバー構成で、ミック以外は
    2組の男女のカップルという特殊なバンドでした^^;
    こういう人間関係が音楽に影響を及ぼすか
    どうかは、実は未知数なところもありますがσ(^_^;)
    このアルバムについては、ある意味で成功していると
    思える部分もあります。

    この11曲の作品、それぞれにタイプの異なる
    音楽で、一見まとまりがないんですけれど(^^;
    一曲たりとも駄作が無い、きっちり作り込んでいる
    緊張感のあるアルバムに仕上がっているんです^^

    その理由の一つが、この微妙な人間関係という
    話もあるようです^^;
    カップルが2組もいるバンドって、普通なら
    仕事になるのか?不安要因にもなりますけれど、
    レコーディング時に2組とも破局状態だったという
    説もあって、その反動でいつも以上に仕事に集中して
    制作された作品になったらしいですσ(^_^;)
    本当のところは分かりませんが^^;
    慣れ合いで作られたアルバムなら、これだけの
    クォリティーは保てないと思えます^^

    さて、曲の感想ですけれどσ(^_^;)
    1曲目はリンジーがヴォーカルの
    ポップな感じのテンポの良い曲です^^
    特筆すべきでも無いかな?と思いますけれど^^;
    手を抜いた曲ではありません^^
    シングル向きの勝負曲ですから。

    2曲目は、ベースとドラムで始まる
    ポップサイドの曲で、少し抑えめに
    スティーヴィーが歌う感じが良いです。
    女性ヴォーカルですから、曲調にも
    合っています。テンポはミドルですね(^^;

    3曲目は、リンジーがヴォーカルです。
    この曲は彼がメインで、フォーク調の
    ギターも良いです^^

    4曲目はポップなロックです^^;
    ピアノから入りますが、リンジーが
    メインで歌っています。
    ギターも彼らにしては、激しい方かも?
    しれません^^;

    5曲目は、サビの部分が特徴的な
    ポップなロック?です^^;
    この曲もメインはリンジーが歌っていますね^^;
    この曲のギターは、歪み系でカッコいい
    フレーズもあります^^

    6曲目はピアノのバラードです。
    クリスティンのヴォーカルで、
    このアルバムのハイライトの一部ですね^^;
    じっくりと聴かせるタイプの良い作品です。

    7曲目は、ミドルテンポのビートを
    強調した曲です。ギターはフォーク調ですけれど
    リズムは70年代のディスコ調で、ベースのソロがあったり
    後半はハードロックっぽくなる
    アレンジ的には凝った作りの作品です^^;

    8曲目は、ベースのラインがメインの
    不思議な作風です。
    ブルースロックっぽさも若干あります。
    ヴォーカルはたぶん、クリスティンだと思われます^^;
    9曲目は、ポップな路線です。
    スティーヴィーとリンジーのヴォーカルです。
    キーボードだけでも良いような曲調ですけれど、
    ギターのアレンが面白いです^^

    10曲目は、ある意味、十八番とも言えますね(^^;
    すごく渋いブルースロックです。
    これもたぶん、クリスティンのヴォーカルだと
    思いますけれど、すごく曲調に合っています。
    11曲目は、もっとアレンジを凝らした
    ブルースロックです。
    スティーヴィーのヴォーカルです。
    サビの印象が強く残る曲展開で、
    この曲もすごく良いですね^^

    実際にこの作品を聴かれた方は、
    お分かり頂けると思いますけれど^^;
    3人のフロントマンがいるバンドって
    素晴らしく素敵ですよね?^^;
    オマケに曲調があれほど異なる作風なら
    この一枚のアルバムを聴いても、
    飽きが来ないんです^^
    マンネリ感が薄れるというか・・(^^;

    音楽を作る立場の人には、こういう
    作品が作り出せるという事は理想です。
    ヴォーカルも選べる、くだらない掟に
    縛られずに自由に作風を変えられる、
    商業的にも大成功ですし、
    それでいてアルバムの評価は高いんですよ。

    その分、感想文にはまとめにくいんですがw
    このアルバムが名盤と言われる内容である事は、
    決して嘘では無いと思います^^
    オススメの作品です。

    それでは、終わります。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    為になる記事ありがとうございます。

    藤本様へ

    こんばんは^^
    コメントありがとうございます。
    個人的な感想文ですので、
    あまりお役には立てませんがσ(^_^;)
    うれしいお言葉です。

    .

    ポテチG♯さん、こんばんは^^

    「きゃっ♪」となった部分があります。
    『ヴォーカルはたぶん、クリスティンだと』

    そのあと、ひとつ飛んで
    『これもたぶん、クリスティンのヴォーカル』

    これは…
    スティーヴィーと似ている… てこと、ですよね?

    ムフフw
    せっかくの感想文、
    いったいどこを読んでいるのか。ごめんなさいね。
    子供のころ「海外の歌」としか認識しなくて
    うーん、これは黙って聴くに限る…

    でも、知っている名前ばかり。
    私が洋楽に触れたとき、
    すでにソロ歌手になっていたんですね。

    後年、知るのですが、売れに売れて
    なにかと、話題になったアルバムですね。
    やはり、噂は気になります。

    ジャンさまへ

    こんばんは^^
    ありがとうございます^^
    真面目にお答えすると、正確な表記が
    載っていなかったのでσ(^_^;)
    推測で書いた結果、あのようになってしまいました^^;
    声は、明らかに2人とも違うと思いますσ(^_^;)
    スティーヴィーの方が、少し癖の強い声ですね(^^;

    「噂」については、私もリアルタイムでは
    ありませんから、不勉強でしたけれどσ(^_^;)
    素晴らしい作品ですね^^
    もっと早く知るべきでした(^^;
    プロフィール

    ポテチG♯

    Author:ポテチG♯
    ご訪問有難うございます。

    音楽(洋楽メインです)に
    ハマって、およそ30数年に
    なる、つまらない男ですw
    長く続いている趣味なので、
    これを、テーマにブログ化
    してみました^^;

    個人的に所有している音源
    (主にCD)で、音楽を
    聴きながら寝落ちする
    習慣が、あります^^; 
    その際の作品への思い、
    感想文を載せている
    ブログです。
    音楽とは無関係の雑記も
    書きます^^;(基本的に、
    文章主体のブログです)
    もちろん音楽好きな方以外の
    ご訪問も大歓迎です^^


    ☆ツイッターで、ブログの
    更新情報を出しています。
    (下記リンク欄から飛べます^^))
    興味をお持ちの方、
    もし差し支えなければ、
    フォローお願いします^^

    コメントや拍手などは、、
    頂ければ嬉しいです^^
    リンクは、ご自由にどうぞ^^
    ただし、このブログ上では、
    こちらから、お願いしている方
    のみ掲載となります。
    注)拍手コメントは、
    表示されない設定です^^;


    つまらないブログですけれど、
    応援して頂けると、続ける気力が
    高まります^^
    どうぞ、よろしくお願いします。

    最新コメント
    初めての方でも、お気軽にどうぞ^^   最新の記事でなくても、問題ありません^^ ただし、迷惑コメントはご遠慮下さい(^^;)
    カテゴリ
    アーティスト名(頭文字)をアルファベット順に分けています。 ご自由に、ご覧下さい。
    A (27)
    B (24)
    C (17)
    D (12)
    E (8)
    F (25)
    G (9)
    H (6)
    I (1)
    J (25)
    K (11)
    L (13)
    M (10)
    N (13)
    O (4)
    P (23)
    Q (3)
    R (10)
    S (27)
    T (20)
    U (6)
    V (2)
    W (11)
    X (1)
    Y (8)
    Z (1)
    他 (4)
    リンク
    おススメのブログです。
    ブロとも申請フォーム
    現在、募集中です。 音楽ブログ以外の方も大歓迎です^^ 注)ブログ交流が困難な方については 御断りする場合もあります。

    この人とブロともになる