fc2ブログ

    REAL TO REEL/BRIEF ENCOUNTER (MARILLION)を聴いて・・^^;

    こんばんは

    今回は、マリリオンの作品で、
    「リアル・ トゥ・ リール/ブリーフ・エンカウンター」
    の2枚組のCDです^^;
    「リアル・トゥ・リール」は、1984年の作品、
    「ブリーフ・エンカウンター」は、1986年の作品です。

    REAL TO REEL
    1. Assaying
    2. Incubus
    3. Cinderella Search
    4. Emerald Lies
    5. Forgotten Sons
    6. Garden Party
    7. Market Square Heroes

    BRIEF ENCOUNTER
    1. Lady Nina
    2. Freaks
    3. Kayleigh
    4. Fugazi
    5. Script For A Jesters Tear

    今回の作品は「ブリーフ・エンカウンター」の
    1、2曲目を除いては、ライブ録音です。
    時期的には、初期のマリリオンで
    フィッシュ在籍時の楽曲になります^^;

    ご存知の方もおられると、思いますけれど^^;
    マリリオンは、イギリスのロックバンドです。
    初期の頃は、ポンプ・ロックとも呼ばれていました。
    今では、もうベテランのプログレッシヴ・ロックの
    バンドで、本格的なブリティッシュ・ロックを
    継承している数少ないバンドの一つです。

    マリリオンは、最初の頃は、ジェネシスの影響下に
    あるバンドと思われていました。
    ヴォーカルのフィッシュ在籍時は、
    ピーター・ガブリエルっぽい
    ライブパフォーマンスがあったりして、
    そう思われる方も多かったです^^;

    私は、この時期のマリリオンの作品も
    結構、好んで聴いておりますが^^;
    音楽を聴く限りは、ジェネシスとは別モノだと
    思っています。
    似通った部分があると、人間の習性でσ(^_^;)
    すぐに、こじ付けたがる節がありますから・・。
    仕方ないのかも?しれませんね^^;

    さて、この2枚組の作品についてです^^;
    楽曲の大半は、初期のアルバムにも
    収められていますが、ない曲もあります。
    その中でも、特筆すべきは、
    「Cinderella Search」だと思います。
    正直なところ、この曲を聴きたいので
    このアルバムを買いましたから・・σ(^_^;)

    プログレッシブ・ロックって、
    もちろん音楽ですけれど、
    あえて例えるなら、
    文学性の高い音楽だと思うんですσ(^_^;)
    一般的なロックは、どちらかと言えば、
    ノリだったり、躍動感だったりする
    そういう意味では、スポーツっぽい要素が
    ありますけれど^^;

    そういう解釈で行くと、
    このアルバムは、短編小説の発表会的な
    感じがあります^^;
    何故、短編小説かと言うと、
    一曲一曲が、ストーリーとして、
    完結しているんです^^;
    それぞれが、明暗、陰陽がはっきり分かれた
    物語として、独立しています。

    例えば、「Garden Party」などは、
    音数の多い煌びやかなシンセが特徴的な
    陽の印象がある楽曲ですけれど^^;
    決して、軽快で明るいポップソングには、
    なっていませんσ(^_^;)
    あくまで、華やかさ、煌びやかさが
    主体なんです^^;

    ストーリー仕立てで、その構成力が、
    抜きん出た楽曲として、
    先程挙げた「Cinderella Search」があります^^
    この曲は、そういう聴き方をしていくと^^;
    本当によく出来た楽曲です。
    全体的には、メランコリックな曲調ですけれど、
    ゆったりとしたテンポで、シンプルなフレーズを
    積み重ねて行きながら、演劇をしているように
    歌うフィッシュの独特のヴォーカルと、
    展開に合わせて厚みとテンポを変えて行く
    キーボードとギターのアレンジが、素晴らしいです^^
    もちろん、リズム隊も絶妙ですね^^
    私は、この曲、名曲だと思っています^^

    ものすごくハイレベルなテクニックを
    駆使した演奏ではありません。
    それが必要ないのに、しっかりと聴かせる事が
    可能なのは、細かなフレーズの展開を、
    効果的に配置してあるからだと思います^^
    マリリオンの楽曲って、このアレンジ力が
    たぶん他のバンドよりも、優れているんだと
    思いますよ^^

    もちろん、このアルバム2作品の
    収録曲に外れはありません^^
    2枚目のラストを飾る
    「Script For A Jesters Tear」この曲に
    至るまで、それぞれの小作品を満喫出来る
    アルバムです^^
    初期のマリリオンのベスト盤の一種だと
    いう解釈で行けば、このアルバムはススメです^^

    それでは、終わります。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ポテチG♯

    Author:ポテチG♯
    ご訪問有難うございます。

    音楽(洋楽メインです)に
    ハマって、およそ30数年に
    なる、つまらない男ですw
    長く続いている趣味なので、
    これを、テーマにブログ化
    してみました^^;

    個人的に所有している音源
    (主にCD)で、音楽を
    聴きながら寝落ちする
    習慣が、あります^^; 
    その際の作品への思い、
    感想文を載せている
    ブログです。
    音楽とは無関係の雑記も
    書きます^^;(基本的に、
    文章主体のブログです)
    もちろん音楽好きな方以外の
    ご訪問も大歓迎です^^


    ☆ツイッターで、ブログの
    更新情報を出しています。
    (下記リンク欄から飛べます^^))
    興味をお持ちの方、
    もし差し支えなければ、
    フォローお願いします^^

    コメントや拍手などは、、
    頂ければ嬉しいです^^
    リンクは、ご自由にどうぞ^^
    ただし、このブログ上では、
    こちらから、お願いしている方
    のみ掲載となります。
    注)拍手コメントは、
    表示されない設定です^^;


    つまらないブログですけれど、
    応援して頂けると、続ける気力が
    高まります^^
    どうぞ、よろしくお願いします。

    最新コメント
    初めての方でも、お気軽にどうぞ^^   最新の記事でなくても、問題ありません^^ ただし、迷惑コメントはご遠慮下さい(^^;)
    カテゴリ
    アーティスト名(頭文字)をアルファベット順に分けています。 ご自由に、ご覧下さい。
    A (27)
    B (24)
    C (17)
    D (12)
    E (8)
    F (25)
    G (9)
    H (6)
    I (1)
    J (25)
    K (11)
    L (13)
    M (10)
    N (13)
    O (4)
    P (23)
    Q (3)
    R (10)
    S (27)
    T (20)
    U (6)
    V (2)
    W (11)
    X (1)
    Y (8)
    Z (1)
    他 (4)
    リンク
    おススメのブログです。
    ブロとも申請フォーム
    現在、募集中です。 音楽ブログ以外の方も大歓迎です^^ 注)ブログ交流が困難な方については 御断りする場合もあります。

    この人とブロともになる