fc2ブログ

    Today,Tomorrow and Tonight (KEANE)を聴いて・・^^;

    こんばんは

    先日雑記で、予告していたCDですが、
    文章がまだ、浮かんで来ないのでσ(^_^;)
    代わりに、今回は、秘蔵品とも言える作品にします^^

    当時のタイトル名で書きます^^;
    キーンの「スターダスト・トゥナイト」です。
    1982年の作品です。

    1. Oh Oh Oh
    2. My Kind
    3. Don’t Make Me Love You
    4. I Can See You
    5. Tomorrow Is Today
    6. It’s All Over
    7. I’m Raedy Tonight
    8. Mind reader
    9. You Don’t Have To
    10. One Too Many Lovers

    この作品は、実はまだ書かないつもりでしたがσ(^_^;)
    先に書いている通り、本来予定していた作品の感想が、
    うまくまとまらないので、急遽書く事となりました^^;

    というのも、この作品は私にとっては、
    洋楽ロックを聴き始めた頃の思い出の一品なんです^^;
    ちょうどジャーニーなどを聴き始めた頃に、
    7曲目の「I’m Ready Tonight」が、日本でも
    スマッシュヒットしていて、この曲は強く印象に
    残っていました^^;

    まだ、その後に体験する、洋楽ロックの
    怒涛の嵐の激しさに比べると、
    全然ポップな感じで、懐かしいですけれどσ(^_^;)
    当時は、この曲が激しいと思っていましたねw
    静と動の落差がある曲ですから、
    余計に際立ってそう思ったのでしょう^^;

    ちなみに、比較的最近、活躍している
    アコースティック系のキーンとは、
    全く別のバンドです^^;
    以前に書いた感想文のキーンとは、
    違いますので・・σ(^_^;)
    今回の作品は、ボリュームを上げて聴くと
    かなり賑やかなハードロックですw

    このキーンは、トム、ジョンの二人の
    キーン兄弟を中心にして結成されたバンドです。
    この二人は、10代の頃から、注目されていて
    TOTOのメンバーからも、一目置かれる存在でした。
    その後の足取りですけれど^^;
    トム・キーンは、ソングライター、
    キーボードプレーヤー
    として各方面で作曲家やセッションなどで
    レコーディングに参加したり活躍してます。
    ジョン・キーンはドラマーとして
    シカゴへ加入していますが^^;
    それ以外にもいろんなセッションを
    通じて活躍しています。

    この作品は全体的には、AORですね。
    清涼感あふれるメロディアスなロックです^^;
    1曲目と7曲目は、シングルカットされています。
    若さ溢れる感じで、どちらかと言うと
    甘味なメロディが多いです^^;
    基本的には、キーン兄弟の才能を生かす為に
    作曲、アレンジされた傾向がありますので、
    鍛えられたロックバンドというより、
    調和を重んじた感じの作風です。
    もちろん、集まったメンバーも、
    有能な人が多く、貢献度も高いですよ^^

    トム・キーンが、ほぼソングライティングに
    関わっていますので、普通のロックバンドよりも
    ピアノ、キーボードの比重が高いです^^;
    私は、シンプルなギターバンドだけよりも、
    こういう音に厚みのあるバンドが好きなので、
    この作品は、聴いていて心地良いです^^

    各曲の感想を書いても良いのですが、
    個人的な趣味もありますので・・σ(^_^;)
    2曲目は、クリーンなギターのイントロ部が良いです^^
    わりとポップな曲ですね。
    4曲目は、サビのコーラスが印象に残る
    これも、ポップな感じの曲です^^
    5曲目は、コードワークを重視したギターリフが、
    特徴のハードロックですけれど、歌メロが甘くて
    重さは感じない、面白い曲ですね^^;
    7曲目は、たぶん一番力の入っている曲です^^
    イントロのピアノのアレンジも凝っていますし、
    落差のあるハードロック的展開も優れています。
    ヴォーカルも、パワフルです^^
    10曲目は、バラード調の曲ですが、
    若いバンドらしからぬ、深いアレンジのピアノです^^
    シングル向きではありませんが、このバンドの
    音楽的な背景が、実は奥行きが深い事を
    匂わせている気がします。

    正直なところ、私は名盤だと思いますが^^;
    皆さんにとっては、微妙かもしれません^^;
    好みの問題ですけれどw
    この時代には、有望株のロックバンドが、
    実は、相当数存在していて、
    その全てが、脚光を浴びているわけでは
    ありません・・σ(^_^;)
    頂点に立てたバンドが、ジャーニー、TOTO、
    フォリナーだったりするわけです^^;

    スポットライトが、向けられなかったけれど
    決して、悪くはなかった作品が多くあって、
    そういう音楽に、興味を持たれる方には、
    おススメです^^
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ポテチG♯

    Author:ポテチG♯
    ご訪問有難うございます。

    音楽(洋楽メインです)に
    ハマって、およそ30数年に
    なる、つまらない男ですw
    長く続いている趣味なので、
    これを、テーマにブログ化
    してみました^^;

    個人的に所有している音源
    (主にCD)で、音楽を
    聴きながら寝落ちする
    習慣が、あります^^; 
    その際の作品への思い、
    感想文を載せている
    ブログです。
    音楽とは無関係の雑記も
    書きます^^;(基本的に、
    文章主体のブログです)
    もちろん音楽好きな方以外の
    ご訪問も大歓迎です^^


    ☆ツイッターで、ブログの
    更新情報を出しています。
    (下記リンク欄から飛べます^^))
    興味をお持ちの方、
    もし差し支えなければ、
    フォローお願いします^^

    コメントや拍手などは、、
    頂ければ嬉しいです^^
    リンクは、ご自由にどうぞ^^
    ただし、このブログ上では、
    こちらから、お願いしている方
    のみ掲載となります。
    注)拍手コメントは、
    表示されない設定です^^;


    つまらないブログですけれど、
    応援して頂けると、続ける気力が
    高まります^^
    どうぞ、よろしくお願いします。

    最新コメント
    初めての方でも、お気軽にどうぞ^^   最新の記事でなくても、問題ありません^^ ただし、迷惑コメントはご遠慮下さい(^^;)
    カテゴリ
    アーティスト名(頭文字)をアルファベット順に分けています。 ご自由に、ご覧下さい。
    A (27)
    B (24)
    C (17)
    D (12)
    E (8)
    F (25)
    G (9)
    H (6)
    I (1)
    J (25)
    K (11)
    L (13)
    M (10)
    N (13)
    O (4)
    P (23)
    Q (3)
    R (10)
    S (27)
    T (20)
    U (6)
    V (2)
    W (11)
    X (1)
    Y (8)
    Z (1)
    他 (4)
    リンク
    おススメのブログです。
    ブロとも申請フォーム
    現在、募集中です。 音楽ブログ以外の方も大歓迎です^^ 注)ブログ交流が困難な方については 御断りする場合もあります。

    この人とブロともになる