fc2ブログ

    音楽特集(スティーブ・ペリー 歌について・・^^;)

    こんばんは

    少し前から、スティーブ・ペリーの
    のテーマで、歌いかたについて
    書きたいと思っていました^^;

    というのも、多くのロックシンガーが、
    いますけれど、あの年齢になっても、
    現役でソロアルバムが出せるという事実は、
    かなり稀有な事ではと思います。
    そこで、今回は彼の歌のスタイルの歴史を
    辿ってみようと思います^^

    最初は、スティーブさんが、加入して以降の
    三部作から、書きます^^;
    「INFINITY」
    「EVOLUTION」
    「DEPATURE」
    の3枚のアルバムからですね^^;
    まず、思うのは、声が若いですw
    それと、一生懸命さが伝わってくる時期ですね^^;

    というのも、ジャーニーは、これ以前のアルバムでは、
    グレッグが歌う事はあっても、ヴォーカルの比重が
    薄い、楽器演奏を中心に聴かせるバンドでしたσ(^_^;)
    そこへ、認知度を上げて多くの人に、アピール出来る
    バンドへ生まれ変わる為に、白羽の矢が立ったのが、
    スティーブ・ペリー氏だったという事実。
    ベテランの演奏家の集団の中で、上手くやって行く為に、
    「歌」についての、理解を深める努力を重ねて来た大変な
    時期だったと思います。

    この時期の曲って、よく聴くと、意外と「TRACES」の
    音楽性にも近いところがあります。
    根底にR&Bの影響がある、ポップソングが多いんです^^;
    「ライツ」、「トゥー・レイト」、「スィート・アンド・シンプル」
    「ドゥ・ユー・リコール」などの曲調もありますが^^;
    全体的な感覚では、「DEPATURE」の内容が一番近い近い気がします。
    もちろん、「DEPATURE」には、強烈なロックナンバーもあって、
    違うという意見もあるでしょうσ(^_^;)
    ただ、ロックナンバーなどを引き算してみて下さい^^;
    私は、そういう気がしています^^;
    個人的に、この頃の作品で、一番歌に熱さを感じる曲は
    「I‘m Cryin’」ですね^^;
    ライブ音源も、あまり聴かない曲ですけれど、
    悲痛なまでの熱唱ぶりは、痛い程伝わって来ます。

    次は、「ESCAPE」、「FRONTIERS」、
    「RAISED ON RADIO」の頃ですね^^;
    この時期は、楽曲自体が、大きく変化して、
    よりポップ化した頃ですね^^;
    R&Bの影響が、希薄になって、洗練された
    都会派のポップミュージックに近づいた時期です^^;
    スティーブ氏の歌い方も、変化していると思います。
    ロックナンバー以外で、ムリに高音域を出す事が
    少なくなったと、思います^^;
    特に、「FRONTIERS」からは、
    声の出し方自体が変わりましたね^^;
    喉を絞り込んで、苦しい高域を出す事は、
    しない歌い方に変わりました。
    でも、彼らしい声は維持したままです^^;
    そこが、すごいです^^

    この時期は、バラードの歌い方が、格段に安定して
    良くなって来た時期だと思います^^;
    中低域のコントロールが、素晴らしいからでしょうね^^
    代表的な曲は、もちろん「Faithfully」になると思います。
    「Don‘t Stop Believin’」は、バラードではないと思いますが^^;
    印象的なメロディーがありますよね^^;
    作品としては、「ESCAPE」、「FRONTIERS」は、
    特別に好きな作品ですがσ(^_^;)
    「RAISED ON RADIO」の方向性は、歌い方にも
    新境地に入った面を感じます。
    この作品では、「Happy To Give」の歌い方は
    すごく良いなと思います^^

    そして、ジャーニー在籍時、ラストの作品、
    「TRIAL BY FIRE」ですが、この作品自体は、
    ジャーニーですが、内容はスティーブさんのソロ作品かな?
    と思える音楽性ですね^^;
    全体的に、歌に深みと上手さが増して、彼のソロアルバムだと
    仮定するなら大傑作です^^

    今回の記事では、あと二枚の彼のソロアルバムを
    入れていませんがσ(^_^;)
    これは、別の機会にします^^;
    実質的には、この後のブランクの後に、
    「TRACES」になります。

    長いブランクのわりには、
    まだ、あの声は健在ですね。
    そこが、まず嬉しいです^^;
    あとは、音楽に戻ってくれた事です^^
    もう、ロックでなくても何でも良いんです^^
    歌が聴けるなら^^
    好きな音楽を続けて、もらえれば
    それだけで十分です^^;

    ソロアルバムは、またジャーニーの音楽性とは、
    違う次元で評価されるべきです。
    彼には、元々のルーツがあって、ジャーニーに入って
    より進化を遂げて、また、ルーツに戻って行く。
    それは、シンガーとしての本来の姿かもしれません。
    でも、ファンは我儘ですから^^;
    ツアーを期待して、出来れば次の新作も期待して・・σ(^_^;)
    という流れも望むでしょうね。

    今回触れなかったソロアルバムについては、
    年明けくらいに、また別のテーマで、書きます^^;
    もちろん、「TRACES」も含めてです^^;
    感想文が、完結してないですからね・・σ(^_^;)

    それでは、終わります。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ポテチG♯

    Author:ポテチG♯
    ご訪問有難うございます。

    音楽(洋楽メインです)に
    ハマって、およそ30数年に
    なる、つまらない男ですw
    長く続いている趣味なので、
    これを、テーマにブログ化
    してみました^^;

    個人的に所有している音源
    (主にCD)で、音楽を
    聴きながら寝落ちする
    習慣が、あります^^; 
    その際の作品への思い、
    感想文を載せている
    ブログです。
    音楽とは無関係の雑記も
    書きます^^;(基本的に、
    文章主体のブログです)
    もちろん音楽好きな方以外の
    ご訪問も大歓迎です^^


    ☆ツイッターで、ブログの
    更新情報を出しています。
    (下記リンク欄から飛べます^^))
    興味をお持ちの方、
    もし差し支えなければ、
    フォローお願いします^^

    コメントや拍手などは、、
    頂ければ嬉しいです^^
    リンクは、ご自由にどうぞ^^
    ただし、このブログ上では、
    こちらから、お願いしている方
    のみ掲載となります。
    注)拍手コメントは、
    表示されない設定です^^;


    つまらないブログですけれど、
    応援して頂けると、続ける気力が
    高まります^^
    どうぞ、よろしくお願いします。

    最新コメント
    初めての方でも、お気軽にどうぞ^^   最新の記事でなくても、問題ありません^^ ただし、迷惑コメントはご遠慮下さい(^^;)
    カテゴリ
    アーティスト名(頭文字)をアルファベット順に分けています。 ご自由に、ご覧下さい。
    A (27)
    B (24)
    C (17)
    D (12)
    E (8)
    F (25)
    G (9)
    H (6)
    I (1)
    J (25)
    K (11)
    L (13)
    M (10)
    N (13)
    O (4)
    P (23)
    Q (3)
    R (10)
    S (27)
    T (20)
    U (6)
    V (2)
    W (11)
    X (1)
    Y (8)
    Z (1)
    他 (4)
    リンク
    おススメのブログです。
    ブロとも申請フォーム
    現在、募集中です。 音楽ブログ以外の方も大歓迎です^^ 注)ブログ交流が困難な方については 御断りする場合もあります。

    この人とブロともになる