fc2ブログ

    I’ve Never Been To Me (Charlene)を聴いて・・^^;

    こんばんは

    今回はシャーリーンの「愛はかげろうのように」です。
    1977年の作品です。

    1. I’ve Never Been To Me. 愛はかげろうのように
    2. It Ain’t Easy Comin’ Down 愛の終曲
    3. Can’t We Try 昨日へ帰りたい
    4. Hungry ハングリー
    5. Hey Mama ヘイ・ママ
    6. I Won’t Remember Ever Loving You 追想
    7. Johnny Doesn’t love Here Anymore ジョニーへの想い
    8. After The ball アフター ・ザ・ボール
    9. I Need A Man アイ・ニード・ア・マン
    10. If I Could See Myself イフ・アイ・クッド・シー・マイセルフ

    今回、邦題まで載せております^^;
    もう、洋楽ファンに限らず、有名な作品ですから(^^;)
    まず、アルバムの発表が、1977年です。
    収録されている曲の全体的な感じも、古き良き王道路線の
    ポピュラー音楽を踏襲した雰囲気が、滲み出ていますけれど、
    決して音楽としての、鮮度が落ちているわけでは無いと
    思います^^

    シャーリーンは、ロサンゼルス出身です。
    生い立ちについての詳細は書きませんが(・・;)
    決して順風満帆な生活ではなかったようです。
    20代の半ばに、ようやく送ったデモテープが、
    認められて、デビューアルバムの制作にたどり着いた訳ですが、
    この作品には、有名なエピソードがあります^^;

    アルバムのタイトルナンバーにもなっている、
    「愛はかげろうのように」ですが、この曲は元々
    別の男性シンガーが歌っていた曲で、実質的には
    カバーソングです(^^;)
    ただし、この曲のレコーディングに当たって、
    一緒に仕事をしていた作曲家、作詞家は、シャーリーンの為に
    曲を書き直し、歌詞も彼女に合うように変更しています。
    これによって、擬似的に彼女のオリジナソングのような
    劇的な相乗効果がもたらされる事になったのだと思います^^

    こうして優秀なスタッフに支えられながら、デビューアルバムは
    1977年に発売されましたが、チャートアクションも芳しくなく
    世に出た事がかき消されていくように、すっかり忘れ去られます(・・;)
    シャーリーンも、音楽の舞台から生活を送る事になりました。

    数年後が経過し、1982年フロリダのラジオ局で、担当者の偶然の
    思いつきで、この曲がオンエアされました。
    それを聴いていたリスナーが、一斉に問い合わせを始めた事が
    きっかけとなり、この曲は空前の大ヒットを記録します。
    極端すぎるくらいの、時間差ですけれど^^;
    この背景には、当時の媒体として、ラジオが有効に機能していた
    事が大きいですね(^^;)
    ヴィジュアル重視の今の時代とは違って、
    良い曲が純粋に評価されていた時代だからこそ、
    起きた奇跡です^^

    まるで彼女のオリジナルソングみたいに、感じる理由は、
    この歌が彼女自身を投影させた内容になっているからでしょう^^;
    この歌を歌うだけの理由があるから、聴き手にダイレクトに
    響いて来るのだと思います^^;
    シンガーソングライターは、自作の歌を歌う事で、
    聴衆に訴えかけて来ますが、他人の書いた曲を歌うシンガーは
    なかなか聴き手にまで、歌が届きません(^^;)
    才能やテクニックを駆使して、届けているというのが
    現状ではないかなとも、思ったりしています(^^;)

    私自身は、ちょうどこの頃から、洋楽を聴き始めていたので、
    ラジオで耳にしております^^;
    歌とメロディラインが特徴的なきれいな曲だなという印象を
    受けました。
    でも、数年後にドラマの主題歌で取り上げられたり、CMソングで
    流れるまでは、それほど騒がれていなかったような気がします(^^;)
    もっとも、個人的な嗜好がハードロックに傾いておりましたのでw
    気が付かなかっただけかもしれません^^;

    「愛はかげろうのように」の一曲に限らず、
    アルバム全体が佳曲揃いです^^
    彼女のヴォーカルも、その声の質が心地良いし、
    何よりしっかりと温かみのある低域から裏声気味に変わる
    高域の歌唱法自体も、魅力的ですね^^;

    せっかくデビューしても、無名のまま、終わる人が多い中で、
    こんな時間差にしても、これほど支持されている事自体
    賞賛に値しますね^^

    それでは、終わります。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    No title

    こんばんは~。
    これはお初です!!
    最近スポティファイにハマっているので
    早速検索します!!

    しぇり子さまへ

    こんばんは^^
    結構、昔の曲ですからね(^^;)
    ご存知ない方もおられると思います^^;
    でも、この曲のメロディーは聞いておられる
    かもしれません^^;
    日本でも、カバーされていますから^^;

    歌詞も良いという人が、
    多いですよ(^^;)
    プロフィール

    ポテチG♯

    Author:ポテチG♯
    ご訪問有難うございます。

    音楽(洋楽メインです)に
    ハマって、およそ30数年に
    なる、つまらない男ですw
    長く続いている趣味なので、
    これを、テーマにブログ化
    してみました^^;

    個人的に所有している音源
    (主にCD)で、音楽を
    聴きながら寝落ちする
    習慣が、あります^^; 
    その際の作品への思い、
    感想文を載せている
    ブログです。
    音楽とは無関係の雑記も
    書きます^^;(基本的に、
    文章主体のブログです)
    もちろん音楽好きな方以外の
    ご訪問も大歓迎です^^


    ☆ツイッターで、ブログの
    更新情報を出しています。
    (下記リンク欄から飛べます^^))
    興味をお持ちの方、
    もし差し支えなければ、
    フォローお願いします^^

    コメントや拍手などは、、
    頂ければ嬉しいです^^
    リンクは、ご自由にどうぞ^^
    ただし、このブログ上では、
    こちらから、お願いしている方
    のみ掲載となります。
    注)拍手コメントは、
    表示されない設定です^^;


    つまらないブログですけれど、
    応援して頂けると、続ける気力が
    高まります^^
    どうぞ、よろしくお願いします。

    最新コメント
    初めての方でも、お気軽にどうぞ^^   最新の記事でなくても、問題ありません^^ ただし、迷惑コメントはご遠慮下さい(^^;)
    カテゴリ
    アーティスト名(頭文字)をアルファベット順に分けています。 ご自由に、ご覧下さい。
    A (27)
    B (24)
    C (17)
    D (12)
    E (8)
    F (25)
    G (9)
    H (6)
    I (1)
    J (25)
    K (11)
    L (13)
    M (10)
    N (13)
    O (4)
    P (23)
    Q (3)
    R (10)
    S (27)
    T (20)
    U (6)
    V (2)
    W (11)
    X (1)
    Y (8)
    Z (1)
    他 (4)
    リンク
    おススメのブログです。
    ブロとも申請フォーム
    現在、募集中です。 音楽ブログ以外の方も大歓迎です^^ 注)ブログ交流が困難な方については 御断りする場合もあります。

    この人とブロともになる