fc2ブログ

    1984 (VAN HALEN)を聴いて・・^^;

    こんばんは

    今回は、ヴァン・ヘイレンの「1984」です。
    実は、1983年の作品です^^;

    1.1984
    2. Jump
    3. panama
    4. Top Jimmy
    5. Drop Dead Legs
    6. Hot For Teacher
    7. I'll Wait
    8. Girl Gone Bad
    9. House Of Pain

    1曲目のイントロから、きらびやかなシンセの音が広がるので、
    当時は、「えっ!間違えた?かな・・・(・・;)」というくらい予想外の印象でしたw
    その頃のヴァン・ヘイレンのイメージは、かなりへヴィなギターの音が当たり前の
    感じでしたから・・・^^;

    この頃の洋楽アルバムは、「当たり!」の作品が多かったですね^^;
    ポップシーンもロックシーンも活発な時代だったと思います。
    その時代を象徴する一枚が、この「1984」だと思います。

    多くの方が、ご存じだと思いますが、このバンドの主役はエディ・ヴァンヘイレンです。
    エディのギタープレイは、あまりにも革新的で、多くのフォロワーを生み出しています。

    当時は、ライトハンド奏法、今では普通にタッピングプレイと呼んでいますが、
    ギターの弦をピックで弾くのではなく、弦を叩くようにフレットに押し当てる、そして、
    弦を離す際もですが、この動作で音を出すという奏法を、右手も使って行ったという
    これが、大きな話題を呼びます。

    もちろん、尋常ではない高度なテクニックと音楽センスの両方が、備わっていたから
    新しい時代を切り開く事が出来たのですけれど・・・^^;

    通算6枚目にあたるこの作品は、どんな新しいプレイが聴けるのだろう?という
    期待感を持って迎えられたアルバムのはずですけれど、私も含めて、多くの人の
    予想を裏切りました。もちろん意外性の面で・・・w

    大ヒットした「ジャンプ」は後世に語り継がれる傑作です。
    あのキーボードリフ、そしてソロワークは有名ですね。
    アレンジも素晴らしいし、よく考え得られたいい曲です。
     
    そして、3や8など、本来のギタープレイも、こちらは期待通りの凄さです。
    彼のプレイは、もちろんソロワークもですが、リフも圧巻です。
    音程差のある特徴的なフレーズを巧みに組み合わせて、アレンジしていく才能は
    別次元のレベル?ですね^^;

    ヒットしたこの3曲以外にも、手抜きの曲は皆無ですので、まるまる一枚分、
    音楽、彼らのロックを堪能できます。

    もう一つ大事なことは、このアルバムでバンドを去ってしまったデヴィット・リー・ロス
    (デイヴ・リー・ロス)の存在です。
    リードヴォーカルとして、エディに決して負けていない個性を持ち込んで、
    それがバンドとしての魅力を格段に高めていたのですが、この時期を機に
    別の道を歩くことになりました。
    そういう意味も含めて、この「1984」は特別な作品だと言えます。

    ベストアルバムでも、彼らの魅力は伝わりますが、この作品はそれ抜きに
    聴いてください<(_ _)>

    それでは、終わります。
    スポンサーサイト



    Live(VINNIE MOORE)を聴いて・・^^;

    こんばんは

    先日の、リップタイドの感想文は、後で見てみるとかなり強引に終わっています(・・;)
    ちょうど、眠気がピークになって来て、終わらせる事を優先した結果ですm(__)m
    アラン・ホールズワ―スについては、まだいくつか作品がありますので、その時にでも、
    触れる機会がありますので、ご理解下さい。

    ギタリストつながりみたいになりましたが、今回は、ヴィニ―・ムーアです。
    「ライヴ」という作品で、2000年発表です。

    1.The Thinking Machine
    2.The Maze
    3.Cryptic Dreams
    4.Meltdown
    5.Never Been To Barcelone
    6.She's Only Sleeping
    7.Vinman's Brew
    8.Check It Out
    9.Rain
    10.Daydream
    11.Watching From The Light
    12.With The Flow

    この作品の前に、簡単にヴィニ―・ムーアについてですが、当時のジャンル区分ではメタルです。
    テクニカル・ギターが、80年代半ば辺りから、一部で注目され始めて、その中でも中核的存在
    の一人です。

    この「ライヴ」も、ギターインスト中心の作風で、MSGのツアーに同行していて、彼ら(MSG)
    のライヴレコ―ディングをする際に、副次的に記録された音源のようです。
    バッキングのメンバーも、実はほぼMSGのメンバーが担当していて、ヴィニ―単独のバンドという
    状況ではありませんでした。

    技術力、表現力では相当レベルの高いギタリストですけれど、どうしても、ギターマニアに
    限定された感がありますので、メインを務められる境遇は難しいものがあるようです。

    この作品では、彼のいくつかのソロ・アルバムからの選曲ということで、レコードの通りに
    あんなに難しいプレイが出来るのかとか、どんなアレンジで演奏するのかとか、そうした
    部分をどうしても意識して聴いてしまいます^^;

    1,2はネオ・クラシカル路線の曲ですが、複雑な運指のプレイを余裕を持ってこなしています!
    3,4では、ややフュ―ジョン寄りの曲。
    5では、アコースティックな音色で、スパニッシュなスタイルのプレイを・・。
    6では、軽快な感じのこれもフュージョンっぽい曲です。
    7から、再び歪のある音色ですが、タッピングアプローチやスイ―プアルペジオなどの
    難易度の高いプレイをスムーズにこなしています。
    彼の場合は、安定した正確なプレイが、きちんと表現出来るタイプのプレイや―のようですので、
    多くの人に、アピールする事が出来れば、状況を変えて成功してもおかしくないと思います。

    個人的に、一押しは9の「レイン」です。
    この曲は俗にいう弾きまくっている曲ではなく、バラード調のアコースティックなサイドギター
    から入ってくるドラマ性の高い曲です。派手さはありませんが、しっかりと歌わせているのが
    特徴的な、美しいメロディを持つ曲です。

    この作品の全体的な、特徴として・・・。
    カテゴリー的には、メタルかもしれませんが、音楽的なルーツは、クラシック、ジャズ・フュージョン、
    ファンク、そしてプログレっぽさも感じる、そういう音楽です^^;

    まぁ、メタル自体、ひとくくりに際物的な扱い方を、未だにしている人もいますけれどw
    音が大きく、多少ギターの歪があるだけで、実のところ、普通に流行っている音楽よりも、
    根底に流れている音楽の裾野は広いのですが・・。
    気付かないか、故意に知らん顔を決め込んでいるのか、分かりませんけれど・・。
    これも、誤解されている音楽の一つかもしれません(ーー゛)

    この辺りを書き始めると、長くなりそうですのでw 終わりにします^^;

    プロフィール

    ポテチG♯

    Author:ポテチG♯
    ご訪問有難うございます。

    音楽(洋楽メインです)に
    ハマって、およそ30数年に
    なる、つまらない男ですw
    長く続いている趣味なので、
    これを、テーマにブログ化
    してみました^^;

    個人的に所有している音源
    (主にCD)で、音楽を
    聴きながら寝落ちする
    習慣が、あります^^; 
    その際の作品への思い、
    感想文を載せている
    ブログです。
    音楽とは無関係の雑記も
    書きます^^;(基本的に、
    文章主体のブログです)
    もちろん音楽好きな方以外の
    ご訪問も大歓迎です^^


    ☆ツイッターで、ブログの
    更新情報を出しています。
    (下記リンク欄から飛べます^^))
    興味をお持ちの方、
    もし差し支えなければ、
    フォローお願いします^^

    コメントや拍手などは、、
    頂ければ嬉しいです^^
    リンクは、ご自由にどうぞ^^
    ただし、このブログ上では、
    こちらから、お願いしている方
    のみ掲載となります。
    注)拍手コメントは、
    表示されない設定です^^;


    つまらないブログですけれど、
    応援して頂けると、続ける気力が
    高まります^^
    どうぞ、よろしくお願いします。

    最新コメント
    初めての方でも、お気軽にどうぞ^^   最新の記事でなくても、問題ありません^^ ただし、迷惑コメントはご遠慮下さい(^^;)
    カテゴリ
    アーティスト名(頭文字)をアルファベット順に分けています。 ご自由に、ご覧下さい。
    A (27)
    B (24)
    C (17)
    D (12)
    E (8)
    F (25)
    G (9)
    H (6)
    I (1)
    J (25)
    K (11)
    L (13)
    M (10)
    N (13)
    O (4)
    P (23)
    Q (3)
    R (10)
    S (27)
    T (20)
    U (6)
    V (2)
    W (11)
    X (1)
    Y (8)
    Z (1)
    他 (4)
    リンク
    おススメのブログです。
    ブロとも申請フォーム
    現在、募集中です。 音楽ブログ以外の方も大歓迎です^^ 注)ブログ交流が困難な方については 御断りする場合もあります。

    この人とブロともになる