fc2ブログ

    Land of the Midnight Sun (Al Di Meola)を聴いて・・^^;

    こんばんは

    珍しく感想文を書いていますσ(^_^;)
    今回は、アル・ディ・メオラの「白夜の大地」です。
    1976年発表の作品になります。

    1. The Wizard
    2. Land Of The Midnight Sun
    3. Sarabande From Violin Sonata In B Minor
    4. Love Theme From “Picture Of The Sea”
    5. Suite-Golden Dawn
    ⅰ Morning Fire
    ⅱ Calmer Of The Tempests
    ⅲ From Ocean To The Clouds
    6. Short Tales Of The Black Forest
     
    今年に入ってから、あまり感想文を更新して
    いない事もあって、そろそろ何か書きたいなと
    思っておりました。
    普段通りに気分転換に何か聴きたいので、
    棚にあるCDを物色中にこの作品を見つけました。
    この作品は、もう随分と前から持っていて
    何度も聴いていますが、この最近は全く耳にして
    おりませんでしたので、久しぶりの感じで実に
    良かったんですσ^_^;
    それが、今回の感想文になった理由ですw

    もちろん、書くにあたって過去に記入していないか?
    重複していたら、リメイク版ですからねw
    そういうところをチェックしたり、作品についても
    ネットで調べてみたり、いろいろしています。

    それでも、感想文として書くのは、自分で感じたり
    思ったことをメインに書いて行くので、この感想文
    自体が完全に私のオリジナルだという自負はありますw
    もちろん、多少の予備知識は勉強しますけれど
    それは、必要に応じて導入するかどうか決めて
    行きますから、咀嚼した上での解釈です。

    ほぼ毎回、感想文を書く際はこうした事を
    準備しつつ文章を上げていきますから、それなりには
    手間がかかっています・・σ(^_^;)
    はっきり申し上げて、面倒でもありますw
    でも、時折、無性に書きたくなる事もあるんです。
    それが、今回だと思ってくださいσ^_^;

    この作品は、単刀直入に言うと、
    アル・ディ・メオラのギターアルバムですσ(^_^;)
    それ以外に付け加える要素はありませんが・・。
    およそ47年前の作品という事になるんでしょうか?
    そうは思えないほど、素晴らしい作品です。
    個人的にギターを趣味にしている事もあって、
    この作品、各楽曲の難易度などはよく分かります(^^;;

    付属の解説や音の様子からして、エレキギター部の
    ソロパートの大半のプレイが、
    ほぼフルピッキングなのは、おそらく
    間違いないと思います。
    あと、フラメンコギターの影響を強く感じる
    楽曲構成とかストローク、オブリガートの部分とかは
    この作品の個性を際立たせていて、素晴らしいです。
    私個人のレベルでは、おそらく解説付きの譜面が、
    用意されていても完コピは難しいでしょうね・・σ(^_^;)

    アコースティックな部分については、音色では分かりませんが
    エレキギターについては、レスポールだと思います。
    まぁ、付属の写真で見る限りカスタムの方だと思いますが、
    ストラト系では出せないほどの太い音が出ています。
    ソロプレイ時だと分かりやすいのですが、
    レスポールの音の伸び方って、独特ですσ(^_^;)
    サスティーンが効いているのに、温かみのある倍音が
    付加されていて思わず、自分で弾いていても、
    上達したように勘違いする音色なんですw
    この音色で本当に上手い人が弾くと、
    それはもう、言う事はありません・・σ(^_^;)
    そういう見方で行くなら、この作品は本格的な
    お手本になる作品です。もちろん音楽として素晴らしいのは
    いうまでもありません・・σ^_^;

    さて、前置きの方が長くなりましたけれどw
    まず、一曲目は、ロック色も強く感じられる
    インスト曲ですが、ミュートしたギターの反復フレーズ、
    複雑なパーカッションのリズム、ミュートを解いたギター
    ソロのフレーズ、そうした要素が幾つも絡み合う力作です。
    おそらくこの時期のギタースタイルとしては、
    かなりの速弾きプレイになると思います。

    2曲目は、最初の曲よりは、幾分テンポを
    落として中間部にフュージョン特有の各楽曲のソロ
    パートの応酬が展開されるスタイルです。
    この曲のギターのフレーズも反復フレーズを
    即興風にアレンジさせていく流れで、スリリングな
    プレイが聴けます。個人的には結構好きな展開です。

    3曲目は、短いクラシカル風な曲で、対位法を用いた
    バロックっぽい雰囲気があります。
    主旋律が複数同時に流れる音楽って、日本の伝統音楽
    ではあまり定着していないスタイルですから、
    個人的には興味があります。

    4曲目は、ミドルテンポで、ゆったりとつなぐイメージの
    曲で、途中歌のコーラスが入ったりします。
    アルバムのメリハリを考えると面白い曲です。

    5曲目は、お得意のアップテンポから始まる
    曲構成の複雑な楽曲です。テンポダウンして
    静かな流れになったり、いきなり変化を持たせて
    動をイメージしたり忙しい曲ですがw
    かなりの技術力が無いと演奏出来ないのは、
    素人の私でも分かります。かなりの力作ですね。
    ギターのプレイも、当時では最速のフレーズだと
    騒がれたのではという感じです(^^;

    ラストの曲は、フラメンコ風な雰囲気も
    あるインスト曲で、ピアノなどもアレンジされて
    いて、ある意味プログレっぽい曲です。
    彼の速弾きの根底にフラメンコっぽいギターワーク
    が感じられる力作です。
    ルーツの一部が垣間見れて面白い曲だと思います。

    時代性を考えると、この作品のようにギターの
    テクニカルな部分を表面に打ち出せる作品って
    あまり多くは無いと思います。
    とう言うのも、今ではギターそのものの進化と
    テクニカルな演奏についての情報量が、格段に
    良くなって正直な話、ある程度のマネが出来やすい
    環境が整って来ました。
    そういう意味では、現代ならこの作品のレベルを
    クリア出来る人は増えていると思います。
    ただ、その当時なら圧倒的に少ないはずです。
    何故ならこのスタイルこそ、オリジナリティに
    溢れていたからです。
    最初に道を切り拓いた先駆者を、軽視して
    昨今のプレイスタイルのみ賞賛するつもりは
    全くありませんので、相当に昔の作品でも
    このブログには載せて行きたいと思います(^^)

    それでは、終わります。
    スポンサーサイト



    Your Wilderness (The Pineapple Thief)を聴いて・・^^;

    こんばんは

    ようやく感想文の更新です。
    今回は、パイナップル・シーフの
    「ユア・ウィルダネス」になります。
    2016年の作品です。

    1. In Exile
    2. No Man’s Land
    3. Tear You Up
    4. That Shore
    5. Take Your Shot
    6. Fend For Yourself
    7. The Final Thing On My Mind
    8. Where We Stood

    このCDには他にも、アコースティックバージョンが
    このアルバム中と同名の曲が数曲収録されています。

    正直なところ、初めて耳にした時は、
    ピンと来なかった感じの音楽ですけれどσ(^_^;)
    ふと、聴き返したくなり再び耳にした際に
    強烈なインパクトを受けました。

    このアルバムは、彼ら数ある作品の中では
    比較的静かなアコースティック主体の音楽が
    占めていて、違う一面を覗かせてくれる
    好盤です。

    パイナップル・シーフは、英国の今の時代の
    プログレッシブ・ロックの中核を成す
    ベテランのバンドです。
    70年代のプログレッシブ・ロックとは
    違い他のジャンルを取り込んだ大袈裟な
    楽曲アレンジとか、超絶技巧のテクニックを
    前面に押し出したりという感じでは
    ありませんσ(^_^;)

    まず、バンドについてですけれどw
    このアルバム作成時のメンバーは
    ブルース・ソード Vo、guitar
    スティーブ・キッチ hammond&synths
    ジョン・サイクス bass guitar
    ギャビン・ハリソン drums
    ダラン・チャールズ guitar
    という布陣で、メンバーの中には
    いろんなバンドを掛け持ちしている
    強者も在籍していますが、バンドとしての
    まとまりには、問題無いようです。

    特徴としては、まずブルース・ソードの
    歌です。裏声系の歌唱法で、
    ファルセットヴォイスだと思いますが、
    無理なく丁寧に歌っているのが、印象的です。
    同時にギターもプレイしながらのステージが、
    動画にもありますが、流石に上手いです(^^;

    このバンドは、メンバー全員が、
    かなりハイレベルの演奏技術も持ち主で
    個々の楽曲を聴けば、技量の凄さは
    伝わると思いますが、それを敢えて
    アピールしていないところが良いです。

    特筆すべきは、ドラムのギャビン・ハリソンです。
    あのキング・クリムゾンにも参加している
    凄腕ですけれど・・σ(^_^;)
    このアルバムの作品の完成度の高さを
    押し上げているのは、間違いなく彼の存在です。
    普通に聴けば、聴き流してしまうような
    地味なフレーズの一端に、的確なリズムで
    ドラムの音が入っているんです。
    その事で、彼らの音楽が実に緻密なアレンジの
    奥の深いロック・ミュージックなんだという事を
    気付かされます。
    敢えて言うと、痒いところに手が届くような
    リズムアレンジの妙技という感じですσ(^_^;)
    こんなバンドは初めて聴きました。
    その緻密さが、このアルバム全曲に
    反映されているんですよ(*^^*)
    凄く無いはずがありませんw

    作品についてですけれどw
    1曲目の「In Exile」はヴォーカルの
    リフレインコーラスが印象的な曲で、
    歌モノ中心な感じですが・・σ(^_^;)
    バックの演奏がすごくしっかりしているんです。
    さりげなく入ってくるギターのソロも、
    実は、スゴいテクニックですよw

    2曲目の「No Man‘s Land」は、
    アコースティックなギターから始まる
    メランコリックな雰囲気の曲です。
    前半の静と後半の動の対比が、
    しっかりとした佳曲ですね。

    3曲目の「Tear You Up」は
    面白い展開の曲で、タメの効いた導入部
    爆発的に溢れるように流れの出来る
    サビのコーラス部とか聴き所は満載です。
    良い曲です。

    以降の曲も、それぞれが個性的で
    美しいメロディを持った楽曲が占めています。
    私の漠然としたイメージとしては、
    メランコリックな英国的な雰囲気の森(音楽的な意味です)
    の中に、入り口も出口も違う道が楽曲毎に存在していて、
    その道を行き来する物語が音楽になっている作品という
    感じです。たぶん分かりにくいとは思いますが・・w
    その中を、ゆったり歩いたり、起伏のある勾配を
    駆け抜けたり、茂みを突っ切たり、開けた場所に出たり
    というような事を音楽的に表している印象なんです・・σ(^_^;)
    とりあえず、久しぶりにこういうイメージが
    湧いて来る作品に出逢いました^^

    プログレッシブ・ロックの範疇の作品ですけれど、
    それを感じさせるところは、各人の技量とかでw
    音楽的には、メランコリックなポップミュージックの
    延長線上だと思います。
    例えば、コールドプレイとか好きな方は、
    抵抗なく聴ける音楽だと思いますよ・・σ^_^;

    それでは、終わります。

    Waking Up The Neighbours (BRYAN ADAMS)を聴いて・・^^;

    こんばんは

    久しぶりの感想文更新です。
    今回は、ブライアン・アダムスの「ウェイキング・アップ
    ・ザ・ネイバーズ」になります。
    1991年の作品です。

    1. Is Your Mama Gonna Miss Ya?
    2. Hey Honey-I’m Packin’ You In!
    3. Can’t Stop This Thing We Started
    4. Thought I’d Died And Gone To Heaven
    5. Not Guilty
    6. Vanishing
    7. House Arrest
    8. Do I Have To Say The Words?
    9. There Will Never Be Another Tonight
    10. All I Want Is You
    11. Depend On Me
    12. (Everything I Do) I Do It For You
    13. If You Wanna Leave Me (Can I Come Too?)
    14. Touch The Hand
    15. Don’t Drop That Bomb On Me

    ちょうどこの作品がリリースされた当時は、
    まだ、バブルの最中だったと思います^^;
    個人的にも、環境が激変している真っ只中で
    毎日が目まぐるしく動いていた時期ですσ(^_^;)
    そういう中で、この作品については、当時は
    落ち着いて聴いた事が無いと言うのが、
    正直なところです。

    何かの折に、この作品を入手していて
    しばらく放置状態が続いていたのですがσ(^_^;)
    2階にあるCD棚から引っ張り出して来て、
    聴き始めたところ、意外なくらいに
    どハマりしている状態になりました(^^;;
    典型的なアメリカン・ロック調の作品ですけれど、
    ハード過ぎず、でも軽くもなく丁度いい感じで
    車での再生回数も激増中です。

    どこが良いのかな?と考えてみたのですが^^;
    実際には感覚的に気に入っているのが、
    最大の理由ですから、それで済ませれば
    済む話ですけれど、感想文なので、
    形だけは講釈を垂れ流しますσ(^_^;)

    音楽的には、オーソドックスなロックンロールが
    根底にあるタイプになります。
    84年作の「レックレス」は、ストレートで
    躍動感のあるロックンロールという感じでしたし、
    私も大好きな作品ですけれど、今回のアルバムも
    基本的には、「レックレス」路線をベースに
    進化させた作風だと思います。

    少し違うのは、スピード感ではなくて
    タメの効いたミドルテンポの楽曲が充実している
    というところと、曲調によっては、
    デフ・レパードっぽい、雰囲気が感じられる
    ハードロック路線の曲もあるかなぁ?と
    思えるところですね。
    これについては、プロデューサーとブライアンの
    声質も関係があるかもしれません。

    基本的にロックンロール調の音楽と言っても
    彼の作り出すメロディーラインについては、
    天性の閃きが溢れています。
    もちろん、彼のヴォーカルも重要な役割を
    果たしていますけれど、必ずフックのある
    歌メロが各曲の良さを引き出しています。

    あと単純に聴き流せば、
    気付き難いところですが、各楽器の比率とか
    オカズに挟まれるフレーズの素晴らしさなどは
    長年の熟練バンドが全員で生み出すレベルの
    熟成度をまとっている感じです。
    ジャーニーやフォリナーなどの往年の作品と
    遜色ありません。
    基本的には、ブライアン・アダムス名義の
    ソロアルバムですから、優秀な助っ人も
    いる可能性はありますが、それはそれで
    凄い事です。

    個人的には、この作品のギターが
    気になっていますねσ(^_^;)
    出しゃばり過ぎず、でも重要な存在感も
    あって良い意味で、理想的なギタースタイルです。

    本来なら、各曲の短い感想を載せて行きたい
    ところですけれどσ(^_^;)
    結構な長文になりますから、短くまとめます
    ロック調な曲では、3、4、5、9、10、
    11曲目のタイプの曲は好みです^^
    バラード調では、8、12は文句無しでしょう^^;
    特に12曲目は大ヒットした曲ですし、
    ニール・ショーンも「ヴォイス」でカバーしている
    原曲になります。メロディーの美しさは第一級ですね。
    もちろん、これ以外の曲も良い曲ばかりです。
    好みだけのPRですから、全くの私の主観です。

    とりあえず、洋楽ブログとしては
    2022年度の最初の感想文になりますから、
    今回は、本気で真面目に選んでみましたσ(^_^;)
    いつも、気分だけで選んでいますので、スミマセン。

    それでは、終わります。

    The Melody at Night , with You (Keith Jarrett)

    こんばんは

    2021年度のラストの感想文はになります。
    今回は、キース・ジャレットの作品から
    「メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー」
    1999年の作品です。

    1. I Loves You Porgy
    2. I Got It Bad And That Ain’t Good
    3. Don’t Ever Leave Me
    4. Someone to Watch Over Me
    5. My Wild Irish Rose
    6. Blame It On My Youth / Medition
    7. Something To Remember You By
    8. Be My Love
    9. Shenandoah
    10. I’m Through with Love

    いつもなら、洋楽ブログという事で、
    お気に入りのロックアルバムを一年のラストの
    感想文にする事が多い訳ですけれどσ(^_^;)
    今回は聴くたびに、後からジワジワと
    良さが沁みてくるような作品にしました。

    この作品は、全編キース・ジャレットの
    ピアノ・ソロで占められていて、
    他の楽器は一切ありません。
    普段、ロックの轟音に慣れている耳では
    物足りないイメージを持つ事も、
    初めて聴いた頃にはありましたがσ(^_^;)
    何度か聴き返しているうちに、
    すごく心地良くなっていて、今では
    かなりの愛聴盤になっています。

    楽曲そのものは、大半が彼のオリジナルでは
    なく、スタンダードナンバーと呼ばれる
    有名曲で構成されています。
    5曲目と9曲目はトラディショナル、日本風に
    言うところの古典民謡っぽい曲が原曲ですが、
    アレンジはキース・ジャレットの作品です。

    私自身がこの作品の全てのオリジナル曲を
    把握している訳ではありませんのでσ(^_^;)
    比較してどうこう言うつもりは全くありません。
    ただ、彼の他の作品と比べると、この作品は
    とても優しい印象を受けます。
    タッチが柔らかくて、主張し過ぎていない
    純粋な音の重なりが本当に気持ち良く聴こえます。

    この作品について、少し調べてみると
    幾つかのエピソードもあるようです^^;
    ここでは、あえて書きませんが・・σ(^_^;)
    そうしたエピソードが本当にあったような・・。
    そういう想いが伝わって来る内容ですし、
    気持ちがはっきり感じ取れる作品ですね。
    出会って良かったと思える名盤だと
    言い切れる作品です。

    いつもとは、違う感想文になりましたが、
    これで、終わります。

    雑記1315(マイライブラリ・・^^;)

    こんばんは
    少し時間が経ちましたがσ(^_^;)
    前回の続きです。

    実質的には、Spotifyを
    利用しておりますので、完全に
    私のコレクションと一致している
    わけではありませんが・・^^;
    基本的には、CDを所有している
    作品を優先的にダウンロードしているので、
    手持ちのCDの流れと変わりないと
    思って頂ければと思います(^_^;)

    Free Love (Air Supply)
    Greatest Hits (Air Supply)
    Winter Words-Hits And Rareties (All About Eve)
    Greatest Hits (Bad English)
    I Can See Your House from Here (Camel)
    Broadcast (Cutting Crew)
    Emerson Lake & Powell (Emerson Lake & Powell)
    Liege And Lief (Fairport Convention)
    Everlasting Songs (FictionJunction)
    Destination (FictionJunction YUUKA)
    Focus 3 (Focus)
    The Free Story (Free)
    Dangerous Attraction (Lion)
    Midnight In New York [Live 1987] (Lou Gramm)
    Big Ones (Loverboy)
    Photos Of Ghosts (Premiata Fomeria Marconi)
    The Hits (REO SPEEDWAGON)
    The Collection (Sandy Denny)
    Shadow King (Shadow King)
    Toto Ⅳ (Toto)
    War (U2)
    Abominog (Uriah Heep)
    Argus (Wishbone Ash)
    Vinnie Moore[Live] (Vinnie Moore)
    Heat Of The Monent : The Very Best Of Asia (Asia)
    ラヴァーマン(オリジナル ラブ)
    bless You!(オリジナル ラブ)
    English Rain (Gabrielle Aplin)
    The Köln Concert (Keith Jarrett)
    The Melody At Night,With You (Keith Jarrett)
    We Want Moore (Gary Moore)
    Live 2003 (Coldplay)
    The Very Best of The Stone Roses (Stone Roses)
    The Best of Chicago, 40th Anniversary (Chicago)
    Greatest Hits Live (Journey)
    Raised On Radio (Journey)
    Trial By Fire (Journey)
    GreatestHits (Journey)
    Greatest Hits2 (Journey)
    Frontiers (Journey)
    Escape (Journey)
    Arrival (Journey)
    LIVE IN TOKYO 1983 (Journey)
    Traces [Alternate Versions & Sketches] (Steve Perry)
    Greatest Hits (Steve Perry)
    Traces (Steve Perry)
    Tony Macalpine Collection : The Shrpnel years (Tony Macalpine)
    Voice (Neal Schon)
    Late Nite (Neal Schon)
    InConcert 1987 (New Order)
    40 (Foreigner)
    4 (Foreigner)
    I Want to Know What Love Is (Foreigner)
    Agent Provocateur (Foreigner)
    Real to Reel/Brief Encunt (Marillion)
    The Song Remains the Same (Led Zeppelin)
    Kaori’s melody Acoustic Live (織田かおり)
    Fiction (梶浦由記)
    Fiction Ⅱ(梶浦由記)

    あと他には、MIXリストのようなSpotify側で
    編集された音源も複数ありますσ(^_^;)

    こうしてみると、それなりに
    多い気がしています^^;
    ただ、車の運転もありますので、
    家で聴いている作品とは、若干異なりますσ(^_^;)
    ジャズ・フュージョン系やプログレ系は、
    車ではあまり聴いていません。
    ヴォーカルがある方が、逆に聞き流し易いので
    運転するには心地良いんです^^;
    とは言え、完全なインスト曲だけの作品も
    このリスト上にはありますけれどw
    気分を高揚させたり、或いは、落ち着かせたりという
    感じの作品は入れていますσ(^_^;)

    この中で全ての作品を持っているわけでは
    ありませんが・・、大半は・・あるような感じです^^;
    それと、ここでは、わりとベスト盤で
    間に合わせている傾向はあると思います。
    私自身は、絶対にオリジナル盤が最高だとは
    考えていませんので、収録曲全てを網羅するより
    好みの曲を適当にピックアップしたタイプの
    編集盤でもOKなんです^^;
    だいたい音楽をガッツリと聴く場所では
    ありませんから・・σ(^_^;)
    あと、いくつかの作品は、まだ感想文にも
    挙げておりません。
    この先どうするのかは、分かりませんが(・・?)
    気が向けば書くかもしれないです。

    実は、つい最近スマホを買い替えたばかりで、
    端末の音源もゼロからダウンロード中ですσ(^_^;)
    来年の同じ時期にも、多分もう一度このネタが
    使えますw
    ただ、容量が大きくなったので、リストアップは
    厳しくなるかもしれないですσ(^_^;)

    今回も、つまらない内容ですけれど
    とりあえず、この辺りで終わります。
    プロフィール

    ポテチG♯

    Author:ポテチG♯
    ご訪問有難うございます。

    音楽(洋楽メインです)に
    ハマって、およそ30数年に
    なる、つまらない男ですw
    長く続いている趣味なので、
    これを、テーマにブログ化
    してみました^^;

    個人的に所有している音源
    (主にCD)で、音楽を
    聴きながら寝落ちする
    習慣が、あります^^; 
    その際の作品への思い、
    感想文を載せている
    ブログです。
    音楽とは無関係の雑記も
    書きます^^;(基本的に、
    文章主体のブログです)
    もちろん音楽好きな方以外の
    ご訪問も大歓迎です^^


    ☆ツイッターで、ブログの
    更新情報を出しています。
    (下記リンク欄から飛べます^^))
    興味をお持ちの方、
    もし差し支えなければ、
    フォローお願いします^^

    コメントや拍手などは、、
    頂ければ嬉しいです^^
    リンクは、ご自由にどうぞ^^
    ただし、このブログ上では、
    こちらから、お願いしている方
    のみ掲載となります。
    注)拍手コメントは、
    表示されない設定です^^;


    つまらないブログですけれど、
    応援して頂けると、続ける気力が
    高まります^^
    どうぞ、よろしくお願いします。

    最新コメント
    初めての方でも、お気軽にどうぞ^^   最新の記事でなくても、問題ありません^^ ただし、迷惑コメントはご遠慮下さい(^^;)
    カテゴリ
    アーティスト名(頭文字)をアルファベット順に分けています。 ご自由に、ご覧下さい。
    A (27)
    B (24)
    C (17)
    D (12)
    E (8)
    F (25)
    G (9)
    H (6)
    I (1)
    J (25)
    K (11)
    L (13)
    M (10)
    N (13)
    O (4)
    P (23)
    Q (3)
    R (10)
    S (27)
    T (20)
    U (6)
    V (2)
    W (11)
    X (1)
    Y (8)
    Z (1)
    他 (4)
    リンク
    おススメのブログです。
    ブロとも申請フォーム
    現在、募集中です。 音楽ブログ以外の方も大歓迎です^^ 注)ブログ交流が困難な方については 御断りする場合もあります。

    この人とブロともになる