FC2ブログ
<
    div id="header"> 〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

    主に洋楽が多いですけれど、好きな作品の感想文や日常の雑談などを、書いています^^;

    Consolation (Kalafina)を聴いて・・^^;

    2018/09/09 23:30:00 | K | コメント:0件

    こんばんは

    今回はカラフィナの「Consolation」です。
    2013年の作品です。

    1. al fine
    2. consolation
    3. moonfesta〜ムーンフェスタ〜
    4. Door
    5. 未来
    6. 花束
    7. signal
    8. obbligato
    9. 木苺の茂みに
    10. 満天
    11. to the beginning
    12. ひかりふる
    13. 夢の大地

    さて、この作品ですけれど
    私が、持っている唯一の作品です^^;
    実は、息子が大ファンで、これ以外の
    作品は全て集めていますから、いつでも
    聴けます^^
    梶浦さん関連の作品は、私と息子で
    共同管理していますから^^;

    このタイミングで、このアルバムの感想文は、
    本当は、書きにくいところですが、
    その事については、後ほど書きます。

    アルバムの感想ですね^^;
    正直なところ、個人的にフィクションジャンクションが
    好みでしたので、少し抵抗感はありました^^;
    というのも、カラフィナの作品の方が、
    独自色が強い印象がありました。

    この作品は、実際に聴き込んで行くと、
    これはこれで、実に素晴らしい作品ですね^^
    というのも、最初は少しダークなイメージが
    あって、重たい印象だったのですが、
    個々の楽曲が、非常に良いんです^^

    最大の魅力は、三声のハーモニーの
    完成度の高さでしょう^^
    低音部のKeikoさん、中音〜高音部のHikaruさん、
    高音部のWakanaさんの三人の声のマジックです^^
    個々でリードヴォーカルを担当出来る実力者が、
    音楽的には調和を保ちながらも、
    ここぞという場面では、しっかりと存在感を
    示している、このスタイルが最大の特徴です。
    以前、歌番組に出演されているのを、
    見た事がありますが、
    ベテランと呼ばれる歌手の人達が、
    霞むくらい、レベルの違う歌唱を披露して
    変な空気になっていましたからねw

    この作品は、5、12曲目と10、11曲目が、
    それぞれにアニメで使われた曲です。
    そして、3、13曲目がNHKで使われた曲ですね^^
    それ以外の楽曲は、このアルバムの為に作られたものです。
    トータルで聴くと、きちんとまとまっていて、
    一体感があります^^
    もちろん、伴奏の面も抜群に腕の立つ方々ですし、
    バックコーラスも、貝田さん、戸丸さんという
    実力派の方で、固めての収録です。
    何よりも、梶浦さんがプロデュースした作品です。
    クォリティーが低いはずは、ありません^^

    個人的には、どの曲も良いのですが^^;
    このアルバムの為に、作られた曲にも
    注目して欲しいですね。
    4、5、6、9曲目は、メロディー主体の曲ですし、
    7、8曲目は、どちらかと言えばリズム重視の曲です。
    4曲目は特に好きですね^^

    さて、書きにくい事を、
    書かなくてはいけません(ーー;)
    ファンの方なら、ご存知の件ですが、
    今現在は、カラフィナとしての活動は
    止まっています。
    梶浦さんの独立の件辺りから、
    活動状況に暗雲が立ち込めたまま、
    Keikoさんが、脱退しましたから・・。
    事務所、レーベル絡みのいろんな情報が
    飛び交っていて、混乱したままです。
    現時点では、何とも言えないでしょうね。

    思えば、実は昨年、
    ライブに行く機会があったのですが、
    仕事の都合上、時間が取れず、
    私は行けませんでした。
    そのライブに行った息子も、
    現時点では、それが最後になっています。
    ファンとしては、たとえ時間がかかってでも
    次のライブに行きたいでしょう。
    これほど、素晴らしい音楽を置き去りにするなんて
    それだけは、望みません。
    英知を結集して頂きたいです。

    それでは、終わります。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する