FC2ブログ
<
    div id="header"> 〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

    主に洋楽が多いですけれど、好きな作品の感想文や日常の雑談などを、書いています^^;

    雑記822(いろんな事情・・^^;)

    2018/05/18 00:35:51 | ブログ | コメント:0件

    こんばんは

    今回は雑記です^^;
    前回の感想文、タイトル部でのバンド名、
    スペルが抜けておりましたm(__)m
    今は、訂正したものに差し替えておりますが(^^;)
    チェックが甘くて申し訳ありません。

    さて、感想文の方は、80年代を中心とする
    北欧メタルシリーズで、進めておりますが^^;
    参考までに、90年代〜2000年代のバンドも、
    いくつかあったので、聴いてみました^^;
    正直なところ、今回のシリーズで、一緒に書く事も
    考えておりますが(^^;)
    まだ、完全に決めているわけでは、ありません。

    90年代以降は、メロディックなバンドのメインが、
    ネオクラシカル路線に移行している感じですね^^;
    決して嫌いではありませんが、イングヴェイ氏の
    衝撃的な登場以降、この手の路線は、誰が誰なのか
    明確な違いが見つけられなくて(・・;)
    音楽的な触手が伸びておりません(^^;)

    ハードロックに、クラシカルな要素を持ち込んだ
    代表的なバンドとしては、ディープ・パープルや
    レインボーなどが挙げられますが^^;
    リッチ−さんのプレイなどは、明確に個性が現れているので、
    いろんな作品を聴いていても、ある種の楽しみがありました。
    イングヴェイ氏の登場は、斬新でしたが、彼のプレイも
    特徴的で作品毎の楽しみがあります。

    問題は、後継者の方々のプレイで、正直
    区別が付かないんです(^^;)
    もちろん、私の勉強不足が一番の原因です^^;
    群を抜いて際立つテクニカル系の方は、
    逆に幅広い音楽性を追求しているため、
    よく聴いていますし、それが楽しいですけれど^^;
    あまりに、似た感じの音楽が増えると、
    そういう分野への興味が、
    どうしても疎かになってしまいます^^;

    実は、今現在ギターの市場規模が、一頃に比べて
    大幅に縮小していて、あの大手のギターメーカーさんも
    会社更生法の申請を出しているような状況らしいです(・・;)
    一番の理由は、ギターヒーローの不在が原因みたいです。
    売れているギターの単価も、数万円クラスが中心で、
    実はこれ、入門セットのクラスです^^;
    楽器ですから、ある程度の値段を出さないと、
    最低限のクォリティが保てない品物もあります。
    もちろん、この日本は市場が大きく縮小していて、
    単価が下がっても、まだアメリカの方が良いみたいです。

    たしかに、ギターヒーローと呼ばれる存在は、
    一昔前の印象が強く、時代遅れな感じはありますが(^^;)
    それに該当していたギタリストの音楽って、
    華があったし、それぞれが個性的でした^^

    今の音楽って、サンプリング音源に音を取り込んで
    PCを使って、譜面を作って行けば、作曲自体は
    比較的簡単に出来ますし、地味な楽器の練習も、
    それほど必要無いです(・・;)
    私は、譜面が苦手ですから、こうしたツールの
    利用は便利だと思いますし、否定はしませんが(^^;)
    何か、足りないような気もしています。
    多分、こんな事を書いている事自体、
    時代遅れの考え方になるのでしょうけれど・・w

    若くてカッコいい、華のあるギターヒーローが
    出て来てくれる事を、願うしか無いのでしょうか?(^^;)
    それも、どうなんだろうという気もしますw
    どうすれば、良いんでしょうね・・^^;

    それでは、終わります。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する